好きなふうにする

今日の 午前中は
本を読んだり

読んでたつもりが
いつの間にか
寝ていたり・・

いろんな本を
並行して読みつつ

” 25メートル・プール
一杯ばかりのビール ” と
いうのは

村上春樹さんの
” 風の歌を聴け “の中で
出てきてたんだな、と

わたしの持っている その本は
定価は220円
昭和57年7月15日に
第1刷発行で
昭和63年3月15日に
第20刷発行ですから

今から考えると
ほんとにゆっくり時間が
流れてたんだな、とも


しおりがなかった
その本に
カバーのそでを差し込んで
次はそこから読むつもり



後は、図書館で借りてきた
河合隼雄さん、
重松 清さんの本の

もくじみて
興味のあるところを
ぱらぱら読んでみたり



・・・・・



昨日から ぐんと暖かいので
玄関のチューリップが
ちょっとずつコンパクトに

チューリップの茎は
切り口を整えるとき
ななめ で なく
まっすぐカットがいいって
書いてあったので

今回 そんなふうにして
試してみています



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

(よもぎ味のスコーン
美味しいなあ)って
気に入って
食べていたもの
よく見ると抹茶味でした



午前中も
ゆっくりしたけど
まだまだ眠れる
春だから・・

おやすみなさいませ



小谷 真澄

好きなことから

さて 今日は寝転びながら
本をゆっくり読めそうな日

めっきり
読まなくなってた
小説を

久しぶりに



・・・・



フィルターを抜いて
一元的にみると

好きなもの、
好きだったもの
たくさんあるけど

それは
(本 読む時間・・?)と
思ってみたり



・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ

春分の日ですもんね



小谷 真澄

天気の良い日の気分

今日は、
お昼に 本を読む、というのと
すいこまれるような
昼寝を満喫しました

お昼に読んだ本は図書館で
“はじめての文学”のシリーズの
重松 清さん と 林 真理子さん を
借りてきて

小学校6年生の
教科書に載っていると
いう話を聞いてから
ずっと読みたかった

重松 清さんの短編
“カレーライス”を読みました

カレーライスというものがたりは
小学校6年生の
主人公 ひろしの視点で
描かれていて

完全に大人になってしまった
わたしが 今 読むと

(作家さんって、
こういう時の主人公の気持ちを
どんなふうに思い起こして
書くんだろうなあ・・)と

ものがたりにのめりこむと
いうより
(ああ、小学校6年生って
確かに そんな感じ)と思いました

わたしが 国語の教科書に載ってた
ものがたりを覚えていたように

顛末はすっ飛ばしても

「小学校の頃の教科書に
“カレーライス”っていうの
載ってたやん?」的な ところから

そこから会話が 出来るひとは
出来るだろうし、という感じかな・・

(小学6年生ってこんな感じ)って
50歳になってかつ
自分に親の経験がなくても

(ああ、そうだった)って
なつかしく 思い出せる

こういうのが
ものがたりのいいところ
なんでしょうね



・・・・・



この ” はじめての文学 ” シリーズ
なかなか揮ってまして

全12巻のラインナップは
・村上 春樹
・村上 龍
・よしもと ばなな
・宮本 輝
・宮部 みゆき
・浅田 次郎
・川上 弘美
・小川 洋子
・重松 清
・桐野 夏生
・山田 詠美
・林 真理子 と
この辺りからのステップで
本を読み始めるのもいいなあ
なーんて 思っています



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでした

天気の良い日は
ほんとに良い日

お風呂に入って
ゆっくりやすみます

おやすみなさいませ



小谷 真澄

晴れている日は

今日はとても気分の良い
晴れた日の お天気 はじまり

シーツを洗濯したり
お花の水を替えたりしている中でも

おてんとうさまの
ありがたい恩恵を
感じながら 気分良く

こういう日に
あれもこれも
やってしまおう

ちょうど明日が
春分の日



・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

本屋さんは たのしい

今日は 歯医者さんの帰りに
歩いて行けるモールの
本屋さんに行きました



文庫本のコーナー
背表紙や平積みの表紙を眺めて
しばし手に取るだけで
身近に感じる度合いが
ネットでみてる感触と
全く違って

その
手に取った本が
欲しくなるのを
どう堪えるか、っていうのが
本屋さんを たのしむ
肝になりますね



今は 家にある
村上 春樹さんの本を
読み返すことから始めようと
思ってるので

新しいものは控えることが
出来るのですが・・

・・

前から読もう、と思っていた

重松清さんの棚に
男子編、女子編とした
自選短編集があり

氷室冴子さんの
多恵子ガールと
なぎさボーイを持ってたり

佐野元春さんの
最初のベスト・アルバム
A面をBoy’s Life Side
B面をGirl’s Life Side とした
No Damage
~14のありふれたチャイム達~を
好んで聴いていた わたしは

こういう対比に
とてもとても惹かれます



重松清さんの自選短編集
男子編は ” 卒業ホームラン “
女子編は ” まゆみのマーチ “

その表紙が なんとも言えず 良く

新潮文庫から2011年9月に
発行された文庫本で

・・本の中に書いてあるのかな、
ネットで公式なところでは
見つからないのですが・・・・

もしその取り組みがあるのであれば

この2冊は 買ってしまうかも
知れません
(結局、買う・・(笑))



重松 清さんの作品は
小六の教科書に載ってる作品で
(というか
そのための書き下ろしの)
「カレーライス」を
いつか読みたいと思ったまま、

まだ読めていないのですが

こちらのほうも
また おいおい読んでみたいと
思ってます



ほかにも人気の本
小説ではなく実用書
ぱらっとめくって
そういうのも欲しくなってしまうので

本屋さんは たのしい けれども
誘惑 多いです・・(笑)



・・・・



昨日お花屋さんで
いただいてきた
チューリップ
4種類あるものですから
それらの名前や
ニゲラ(クロタネソウ)に
似ている花は
なんだろうなあ・・と
調べてみたり



・・・・で

今日も本を読む時間は
持てなかった・・(笑)

ま、いいでしょう・・



・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

今日は寒かったなあ

ばんごはんはビーフシチュー
すじ肉を赤ワインで
柔らかく煮たのが
良い感じになりました

よかった、うれしい


モールで 内緒で買って来た
ポンデリングと
ハニーディップも食べて
久しぶりで
なお 美味しかった

こちらも もちろん うれしい



お風呂に入って
ゆっくりやすみます

おやすみなさいませ



小谷 真澄

今日の雨は

今朝は寒くて
雨 はじまり ですが

春らしいお花
チューリップが
玄関を飾ってくれていて

ほんとうに春が来る
お知らせが届いたような感じ です

お花を飾ることで
季節と
一日の変化を
たのしんでいます



洗濯干したら
スーパーに買い物にいこう

今日の雨は
どんな感じかな

・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

今日 一日 いろいろ

ラナケリアムタビリス

この前 お花屋さんでいただいた
半透明の小さいお花が
実のようになってるお花の名前は
ラナケリアムタビリスでした

ムスカリも、ベレバリアも
ブルビネラでもなくて

ラナケリア・・
・・んー、
みんなちょっと名前が
似てるんだけれども

ちょっとずつ覚えたられたら
いいね


今日は
チューリップがメインで

ニゲラ・・だと思うのですが
そちらと
あと園芸種のナズナというのが
あるそうで
そちらをいただいてきました

ナズナは、
別の名前は ぺんぺん草

2ミリくらいの三角の
小さな三味線のばちみたいな
葉っぱを

茎からは ちぎれないよう
繊維を 上手に ひっぱって

そのゆるんだ葉っぱと葉っぱが
あたる時
“ぺんぺんぺんぺん” という
音をさせて

学校の帰り道の
ちょうどいい遊びにしてました

この前、SNSで
はにわ を投稿なさっていたかたに
踊る人の はにわ に
男性と女性があることと
その見分け方を
教えていただきました

頭の上に 美豆良(みずら)を
結っているのが
男性ということでした

この写真では
わかりづらいですが
こちらの はにわ は
全員 男性の踊る人です



・・・・・



今日は、本を読む時間ではなく
自分の持っている
村上春樹さんの本を
箱から出して
ちょっとカバーを拭いたり
しておりました


・・・・・・
・風の歌を聴け
・1973年のピンボール
・羊をめぐる冒険(上・下)
・カンガルー日和
・回転木馬のデッド・ヒート
・ダンス・ダンス・ダンス(上・下)
(講談社文庫)
・象工場のハッピーエンド(画・安西水丸)
・村上朝日堂(画・安西水丸)
・螢・納屋を焼く その他の短編
・世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド(上下)
・村上朝日堂の逆襲(画・安西水丸)
・ランゲルハンス島の午後(画・安西水丸)
・雨天炎天~ギリシャ・トルコ辺境紀行
(新潮文庫)
・パン屋再襲撃
・TVピープル
(文春文庫)
・中国行きのスロウ・ボート
・マイ・ロスト・シティー※(スコット・フィッツジェラルド)
・ぼくが電話をかけている場所※(レイモンド・カーヴァー)
・夜になると鮭は・・・・※(レイモンド・カーヴァー)
※は翻訳
(中公文庫)

・・・・・・

この前は、
河合隼雄さんとの対談形式の本を
買いましたが

村上 春樹さんの
新しい本を買うのは控えて

しばらくは
自分の持っていた こちらの本を
ぱらっと めくってみるのも
いいのかも・・っと 思ってます

この中に 220円のものもあるので
おどろきです・・

しかし 村上 龍さんの文庫本も
同じくらいか、
すこし少ないくらいの
冊数持っているので

つくづく
本を読む時間 持っていたんだなあ・・と
感心しています



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

明日からのチューリップも
たのしみ

今日のばんごはんの
チキン南蛮(もも肉)は
南蛮のたれに
片栗粉を入れて
とろみをつけてみました

わたし的には
美味しくなった

お風呂に入って
ゆっくり やすみます

おやすみなさいませ



小谷 真澄