調べる時間

友人がSNSに投稿していた単語から調べものをしていたら、あっ という間に時間が経ってしまいました。

仕事をしているひとが目にしているものに 興味を持ってみること、そして単語だけで 調べることが出来るのは、

先日からも言ってるかも知れませんが、ほんと、勉強のとっかかりにとても良いですね。

高校を卒業して、すぐ就職したので、ふと興味が湧いたことを調べる時間よりも、仕事をいかに効率よくするか、を考えてきたので

いつ使うかもわからない調べものを、ずいぶんと後回しにしていましたが、今は、こんなような時間が持てて、友人の投稿なので、いつかは 話を出来るかも知れないなあ、って思うと

それもまた 楽しい。

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

名前の後に、今日覚えた単語をメモしてます。
よろしければお読みくださいませ。

・・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

・・・・・・・

ごぜみぞ
長左衛門の幼名「五左衛門」をもじって「ごぜどんのみぞ(略して、ごぜみぞ)」

私財をなげうって続けられた工事
山之口町麓地区は、地形的に東岳山系の褶曲した扇形の台地になっており、水量の豊富な東岳川に接していながら地下水位が低く、集落内では降雨の少ない時には飲料水に苦しみ、皆が長い距離をいとわず、低地にある湧水まで水汲みに行っており、緑深い山地でありながら、以前はまことに水には恵まれていなかった。
小野田長左衛門翁はこれを見るに耐えず、測量術の幼稚な当時に、自分から わらじや きゃはん姿で2キロ余りの山腹を測って、溝を掘った。
当時、水利権の獲得が相当に困難事で、明治38年(1905)には、鉄道の通っていない当時に宮崎県庁まで10数回も行ったが、その費用も自分持ちであった。
いよいよ溝を掘ることになると、山すそを掘って行くので岩石が多く、作業は困難をきわめた。山腹の溝は台風被害の度に崩れ落ち、大補修と危険箇所の補強と、取水口は洪水に備えるために補強を必要とした。又、麓地区内の学屋敷の下には、100メートル近いトンネルまで掘られた。小野田翁は数々の困難に屈せず私財を売却して努力を続けて、用水は一本松の水田まで通水できた上に、麓の家庭の井戸がかんばつの時でも涸れることはなくなった。
小野田翁は在京の実業家、宇都宮新氏に依託して水路に補修を加え、明治45年(1912)6月に完了して水神様を建立した。

水土里ネット宮崎 碑が語りかける水と土
( http://miyadoren.heteml.jp/kinenhi/kinenhi/kitamoro/onoda.html )

宮崎中山間ネット ごぜみぞ
( http://www.chusankan.net/blog/jimu/archives/2010/06/post-240.html )

できそうな目標

週間の水瓶座の占いを、週末と週の頭に、チェックしてるんですが、早いよ、早い・・・・一週間が まるで一日のよう だもんね。

昨日も、天王星について書かれたものを、モニターに食い入るようにみてたら、あっという間に、一時間が過ぎていて

(・・・こういう時間って、あるなあ。)と、仕事でも、遊びでも その経験があることを思い出しました。

友人がヤマメの検卵するために、手作りの ”先丸ピンセット” を持っていて、仕事をやりやすいようにの探求がすごいなあ・・と、

一生懸命な友人は 自分の励みになると SNSをみて 感心しています。

そんなようなもようを、遠くでも日々見ることができて、ほんと 励みになる。

 

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ワンドのエース

週末 乾杯できるような 目標 ひとつたてる。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

あっ という間に時間 経つ

(天気が良いから、どこかに出かけよう!)と思っていたのですが、

占星術では、最近 天王星のことを目にしますので、惑星自体の天王星のことを読んでいたら、あっという間に時間が経ってしまって 今日、外に出かけたのは、図書館とスーパーだけになってしまいました。

気になったことを調べる時、家にいて出来る”検索” とっかかりとして、たいへん良いなと思います。

調べたことを頭の中で整理するには、紙と鉛筆が要りますが。

・・・・・・

今日、スーパーの文房具コーナーで、方眼用紙を探していると、”板目紙”※が目に入って、(・・板目(紙)って正式な名前やったんや!・・)と、ちょっと驚きました。

派遣で働いていた時に、職員さんから「板目(いため)、持ってきて~~。」と言われて、わたしの知識の中では 建築科で習った 板目・柾目※しか頭になかったので、ポカンとしてたら、「板目っちゅったら、これ。」って 厚紙を持ってらしたので、(へーっ、ここの職場では、厚紙のことを板目というのか・・)と思っていたのですが

” 板目紙 ” と書かれた字を目で見ることで、(共通の言葉だったんだ。)と、初めて知りました。

大阪から九州に転校して、どっちがどう呼んでたか忘れたけど、わら半紙とざら紙と、学校の宿題のプリント そんな時代だったよねえ・・・ガリ版印刷の。(笑)

 

そう言えば、さっきの板目紙の職場では、コピー機のことを、輪転機って言ってる職員さんもいらして、ちょっと笑ってしまうことのあったけど・・

今のわたしは、あの頃の職員さんたちと同じ年齢だ。(笑)

 

・・・・・・
※板目紙:和紙を幾枚も張り合わせた厚紙。和本の表紙などに使う。
板目(いため)年輪の目に沿うように接線方向に切り出した板の表面に現れる木目を板目と呼ぶ。
柾目(まさめ)「正目」とも表記される。年輪の目を断ち切るように年輪に対し直角に近い角度で切り出した板の表面に現れる木目を柾目と呼ぶ。
・・・・・・・

 

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

わたしは、これが好き。

img_4228

好きな色、発見。

こちらの菊は、先日お花屋さんで買い求めた時に、先生にピックアップしていただいたものなのですが、うすい黄みどり・・・? 何て名前の色なんでしょうね。

人間が作ったものではないもの、お花で出会う、自分の好きな色。

身の回りの 自然から、こういうことに気がつけるんだなあ。

 

“わたしは、これが好き。” ということに。

 

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、スミスウェイトタロット
ソートの8

まずは、自分が好きなものと出会うこと。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

あの頃の本

img_4206

玄関に陽の光が差し込んで、ゆきやなぎの紅葉が映えたほんのちょっとの時間に撮影。

今日は 夕暮れの空も美しく 学校の校舎の上に細い三日月 地に近いところは茜色  “この空の大きさ いつまで感じることが出来るのかな・・” と ただ寂しく空を見てた頃よりどんどん歳 取ってるのに、なんだか ありがたい気持ちが湧き上がってきて、(今日も一日、良かった・・)と、空も気持ちも、ひとつの色ではあらわせないグラデーション と。

 

 

・・・・・

 

気に入っている通販のカタログを見て お財布とも折り合う 気に入ったものが2つ3つあって、(どれかひとつに・・・)と、見比べていたのですが、見ているうちに なんだか満足してしまって、読書(?)としては、たいへん実りのある時間になりました。

 

朝ごはんの時に 夫と建物の話をしていて、高校の時のコンクリートの圧縮試験や 鉄筋の引張試験、実習の時間のことを思い出したのですが、試験結果のデータを取る実験、楽しかったなあ・・・実習のある学校で良かった。

その話をしていたら、気になる調べもののことを思い出したので、頼りになる図書館にまた、足を運ぼうと思ってるんです。

少し前の本がおもしろくなによりも そちらに興味が湧いてきて。

今のことを知らない むかし読んだ本の時代背景がおもしろい。

 

・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

ふるさと の まつり

今日は、宮崎の実家のある町で 23回目のふるさとまつりが行われてます。

最近は 若いかたがSNSで、情報を細かく更新されているので、知っている町の 今の動きを・・・動いてなくても 見ることが出来て

そして 今日のようなおまつりの日は 特に 親しみが湧いてきます。

 

このお祭りが始まった20年くらい前は、”11月なのに花火が上がった!” と ちょっとびっくりしたものでした。

もう23回続いているんですね、すごい。実行委員のみなさん すばらしいです。

そして、明日 日曜日は、わたしの高校時代の友人が 妹さんと一緒に ステージで唄われるようで 大阪にいながら 地域のおまつりで活躍してる友人のことを知るのも、うれしい。

おまつりのもようを 大阪で 見られるようになった・・・いい時代が来ました ね。

 

宮崎 三股町観光ホームページ ふるさとまつり
( http://www.town.mimata.lg.jp/kanko/furusato-festival/ )

 

・・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、スミスウェイトタロット
カップの8

自分の好きなことで、競争をする。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

 

 

空気から伝わる

4年前の11月9日は、ほぼ日刊イトイ新聞の ”ほぼ日カレーまつり”という、みんながそれぞれ家でのカレー作りを ハッシュタグつけて 投稿するイベントに 参加をしていたもよう。

元気だなあ・・・4年前。

(よし、今日これに参加しよう~~)って思ったら、さくっとやってみてますもんねえ。

いや、ほんと 元気。

 

・・・・・・

 

SNSに投稿していた写真を こちらのブログにちょっとずつ移してるんですが、そんなことをしながら、(・・うわぁ~~、この頃 元気やなあ・・・)と 毎回 感じています。

大阪から宮崎に帰る こちらは観光客の気分で参るのですが、迎えるほうは、平日でも地元を案内してくれて、家のことなどの調整など けっこうな めんどうを掛けたのではないかと、思います。

それを惜しまずに、一緒にいる時間を作ってくれる 友人に恵まれたことは、人生の後半になると 何にも代えがたいものであり、

ありがたいところを 行かせてもらってるなあ と 感謝することしきりで ございます。

 

・・・・・・・

 

最近、お花屋さんに通いだして思うこと、20年くらい前 派遣社員の時に来てた その時と 同じ場所で気がつくこと

わたし自身が むかしに比べていろんなお店で “サービスしてもらった!” と感じることが増えた。

それは 派遣で仕事をしている時(このお客さん、すてき・・!)というひとに出会えたことが なにかしら 今 お店で “サービスしてもらった!” と感じるものになったのだと思います。

会ったひとから受けとる 言葉にできない空気・・・ありますね。

良いふうに いかせるといいなあ。

 

・・・・・・・

午前中は、久しぶりに、雨が強く降って、ちょっと驚いた。

今日も一日おつかれさまでございました。

お風呂に入って、寝まーす。

・・・・・・・・

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)