みるもの よむもの

今日も 1Q84の読書

タマルという男性が作った
黒パンのキュウリとチーズの
サンドイッチを食べている場面で
・・・・
タマルはちょっとした料理をとても上品に適切に作った。包丁の入れ方が上手で、すべての食材を適正な大きさと厚さに切り揃えることができる。どのような順序で作業を進行させればいいかを知っている。それだけで料理の味が驚くほど違ってくる。
(1Q84 BOOK2 第3章 より)
・・・・・
食材は黒パン、キュウリ、チーズと
シンプル

それでも 包丁の入れ方
食材の適正な大きさと厚さ
料理の順序と作業の進行のことを
読むと

(どんなサンドイッチか
食べてみたい)と 想像する

本 読むと お腹 減るなあ・・

・・

ちょっと違うけど

お店で食べるとか
買ってきたもの ではなくて

だれだれさんの作ったごはんが
特段においしい
そういう評判のひとが たまにいて

今 思い浮かんだのは
シェアオフィスのオーナーさん

定食風にお膳の上に乘った
ごはん、みそ汁、お総菜が2つ
・・だったかな
ごはんももしかしたら
たきこみご飯のようなものだったかも

一口食べて「これはみんな
おいしいっていうなあ・・」と
一緒に食べたかたがたと
「どうやって作ってるのかな~」と
わいわい言いながら
食べたことを思い出しました

おいしいもの食べつけてる
大阪のひとがいうんだから
まあ ほんとに おいしかった です

なんかそういう
おいしいもの
久しぶりに食べたいな~



・・・・・・・



最近 ちょっと腰が痛いので

毛布をたたんで
高さを作って
寝ころんで
本 読んで

そのままうとうと
眠って
起きた時

足で反動が上手く使えなくて
どうからだをひねって起きようか、と
ほんの少し ひと苦労 しました

うたたねする時の姿勢は
要注意だな~、という実感

・・・・・

10年前に書かれた
35年前が舞台の小説を読む毎日

本を読みながら
いいふうに
頭 使えてるんじゃないかな~?という
想像中

今 読みたいものがある
しあわせ

・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂に入って
ゆっくり寝まーす

おやすみなさいませ



小谷 真澄

自分らしく 良く

さて、今日はふつうの月曜日

先週は 結果の気になることがあったので

むかしよりはつかれなくなったけど
それでも無意識に
すんごく体力を使ってたみたいで

ふつうの月曜日より
ちょっとおつかれから始まり・・

意識して すんごい ペース おとそ

・・・・

今 読んでる村上 春樹さんの小説
時代背景などから
(そう言えば、この頃って・・)と
自分の興味のあることを
振り返れるきっかけに なってて

“針がレコードの溝をトレースする”とあると

(このトレースっていう表現・・)と

小説の小説らしい文章に
ふれた気がして
そういう時間が もう一度持てるのは

ひとの時間をとることもなく

自分らしく 良く過ごせてる、と

今日も読書と昼寝に
勤しもうと思っております



・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

家と一体

ふと思いついて 引いた
TAO Oracle のカードを引くと
この前と一緒だったので
( へーっ )と 気にとめ

この前通販で買った
コーヒーカップの振込み
済ませた残高が
5桁のゾロ目で
そのゾロ目がTAO Oracleの
カードの数字と同じで
(なかなか濃いなあ~)と

・・・・

今日も少し読書をする

小説の中の世界は完結してる
それを再生するために
自分で目を通す
レコードの針のように

必要なだけの時間を持って
その気持ちを保てているのは
これは まあまあの良い時期
なんでは ないかな

ちょいっと 湿気でのつかれか
本を読みつつ
すぐ眠くなったりするけども

・・・・・

去年より ずいぶん涼しいのに
湿気で水を吸った土嚢のように
なってしまうのが
前とは からだが もう違うんだな~と
しみじみ体感

・・・・・

今日は近所の神社の夏祭りの本宮
獅子舞に頭を噛んでもらって
厄除けをすませました

今のタイミングで厄除け
これも ちょうど良かった

・・・・・・

近所でお出かけ感を・・と
思ってたわりに
図書館にも行かず
家でのんびり・・

・・・・

今日もおつかれさまでございました

お風呂はしっかり入って
むくんでっぽいところの解消しよ

おやすみなさいませ



小谷 真澄

最近の読書より

 漫才のなかで、何かが決定的な変化をおこしてしまった、という噂は本当なのではないか。来訪神から萬歳へ、萬歳から漫才へと、神秘の神の器でありつづけたこの芸能から、あきらかに何かが消えかかっている。
 いまから八十年前に、千日前の寄席にはじめて出現した、現代の神秘は、もはやいまの漫才のなかには、宿ってないのかもしれない。キオスクのつぎに、神秘はどこにあらわれるのだろう。わたしは狂おしく、つぎの時代の漫才、つぎの世界の神秘の器である、おそらくは別のかたちをしているにちがいない、来るべき「漫才」を求めている。
(大阪アースダイバー:著 中沢新一 2012年刊行
第三部 ミナミ浮上/千日前法善寺の神 来るべき漫才 より)

ここに戻って来れて

今日のお昼ごはんは
親子丼を二人分作って夫と食べた

この辺からいつもの毎日に

水曜日からごはんがひとり分だったので
(読書も進むかな~?)と思ってたけど
今週ちょこちょこ訪ねた先では
(小説じゃないほうが良いな・・)と
図書館の本を読んでたので
小説の続きは久しぶりの気分
1Q84の文庫版3冊目
BOOK2(前編)の第一章を読みながら
そして昼寝

・・・・

今日はテレビなどを観たり
雲霧仁左衛門2も最終回で
ばんごはんを食べながら
夫と ぱぱっ ぱぱっ と 話して

ばんごはんのあと片づけをして
いつもと同じことの割合が増えて

この半日で いつもに戻って来れたことに
感謝

・・・

3日間の夫の計画入院が 無事で ほっ と

病院のかたや夫の会社のかたに
たくさんたすけていただいて
ほんとうにありがたい・・

・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂に入って
ゆっくり寝まーす

おやすみなさいませ



小谷 真澄

おいしい温度

今日は午後から
いつものふつうの日に
戻る

朝昼晩のごはんが
ひとりの分でよいから
らくだった

外でごはんを食べながら
どこの店も
提供温度がばっちりで
(おいしそうより
おいしい やもんな~)と

おいしい温度
食べて覚えて
このまま伝わるといいな
大阪

・・・

夜の時間に遊ぶこと
全く興味がなくなってて
それは びっくり

・・・

眠れることと 食べれることを
自分のふつうにしておいて

たまに いつもと違う景色を
どこかに みに行く

・・・

いつもと違う毎日の中でも

友達がいま何してるかを知ったり
電話ならわざわざになる話を
かるーくメッセンジャーで
やりとりしたり

ブログを書いてると
自分が落ち着く
ひとつになる

スマホ持つひと
連絡を取れるひと増えて
うれしい



・・・・・

今朝もありがとうございます

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄