その時を想い出す

昨日は、図録は買って帰らなかったと思います、ってブログに書いたのですが、
ちょっと探すとすぐに出てきました。(笑)

この頃、図録が好きだったんですね、きっと。

図録の中にある、解説文を読んで(この画の中に、そういう想いが込められてる・・・)と、あらためて画を観るのが、楽しい時期だったのだと思います。

ここに越してきた時には、サントリーミュージアムだったし、もしかしたら一度しか行ってないかも知れないけど、天保山現代館っていうトリックアートの美術館もあって、

展示自体を楽しんでた、その頃の流れの 最後の方だと 思います。

 

想い出を思い出すために、コレクションしてた。

 

・・・・・・・・・

 

今朝の夫との会話は、わたしの主義主張のない、野球の会話。

この会話のために、野球選手を覚えたといっても 過言ではないくらい。

まさに、会話の女房役ですな、現役ではない、ブルペンキャッチャー。

 

巨人の春季キャンプでも、ブルペン練習 よく見に行ってたなあ。
キャッチャーミットに納まる時の、音がたまらん。

ボスッ とか、 ドスッ とか。

新人ピッチャーだと、観てる人が、またこれ、”おおーーーっ”って湧くんですな。

 

来季は、どこかのチームのスポーツキャンプ観に行こうかな。

 

・・・・・・・・・・

 

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

 

・・・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ソードのプリンス

既存のやりかたを変えたいのなら、
それにふさわしい気力を出して。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

 

 

 

 

調べることと 考えること

今日、ニュースをみていたら、(・・・あれ? ” 文化庁 “ の看板新しくなってない?)と思って 気になったので 文化庁のよくある質問をみてみました。
( http://www.bunka.go.jp/qa/ )

Q.文化庁の看板の文字を書いたのは誰ですか。A.文化庁の標識板(縦書体)は,平成13年1月の文部科学省発足を機に書家の 成瀬 映山 先生(なるせ えいざん)にお書きいただいたものです。

そこには、前に気になって調べた時と同じ、成瀬 映山 先生の名前があったのですが、今日みた感じでは、前と違うような気がしたんですが・・・、また 今度 ニュースの時に看板の字チェックしてみよう・・・。

 

・・・・・

5年前、世田谷美術館に行った時の展示って、何だったっけ・・?って調べてみましたら

アンリ・ルソーから始まる素朴派とアウトサイダーズの世界 という企画展でした。

開催概要
パリの入市税関に22年間勤めながら、幻想的な独自の世界を創造したアンリ・ルソー。
日本にも多くのファンをもつ”税官吏ルソー”の作品の4店を出発点に、ルソー以降、世界中で見出された「素朴派たち」、そして心の中に深い闇を抱えながらも、創作に生きる意味を見出した、「アウトサイダーたち」の作品を展示します。
特に、美術の専門教育を受けず、ただ描きたいという強い衝動によって創作を行った素朴派やアウトサイダーたちは、どのような経緯で作品をうみだすに至ったのでしょうか。
本展では、開館以来、素朴派とアウトサイダー・アートに注目してきた世田谷美術館のユニークなコレクションによって、何が彼らを創作に導いたかをさぐります。
「余暇」「晩年」「放浪」「心の中」などのキーワードをもとに、関連する近現代の作品も合わせて約140点を展示。
美術を専門とするわけではなく、ごく普通の日常生活とおくる私たちにとって、美術とともに生きるとは何かを考える企画です。

( https://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/special/detail.php?id=sp00167 )

 

この頃、わたしが気になっていたこと
・美術の専門教育を受けず
・ただ描きたいという衝動
・もうひとつ仕事をしながら創作、作品をつくる・・・とは

どんな絵なんだろう~~~、という、出向く時の気持ちは、いつでも好奇心、中に入ってみると、今までには触れたことがない美術。

” 美術とともに生きるとは何かを考える ” ・・・概要のままですが、” 美術とは? ” という気持ちをそのまま持ち帰った感じがします。

その中でも、こちらの美術館の長ーい長い廊下とか、建物はとても気持ちよく楽しんできました。

シベリア抑留の作品が、インパクトが凄すぎて、多分 図録は買って帰らなかったような・・・。

そして あまり、記憶はしてなかったのですが、草間 彌生さんの作品もあったみたいです。

 

・・・・・・・

野球~~~ 終わってしまった・・・。

この辺は、明日以降になります。(笑)

・・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

お風呂に入って、寝ます。

・・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

気分

気分

今朝は、夫がサンドウィッチ食べたいから、コンビニで買って会社で食べます、って言って出掛けました。

こういう、ふと食べたい! と思ったもの、そして気分に合わせることが出来るのは、なかなか、からだや自分のために 良いことなんじゃなかろうか、と。

 

ほんの小さなこと なんですけれども、ふと変わった気分に合わせられる・・・ってぇ~~ めっちゃ いいやん。
その時、そう思ったことが出来るんだから。
・・・って、朝ごはんにサンドウィッチ!って ただそれだけなんですけどね。

 

さてさて、野球・・・頑張りましょう~~、

いつだったかな~~真剣に見てて、どきどきして、どきどきどきどき、どきどきしすぎて すごくつかれたことがあって

それ以来は、野球も相撲も、そこそこでみるように 気をつけてます。

 

・・・・・・・・

今日も良い一日お過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ソードの2 平和

考えること と、考えないこと
自分が安心出来るほうを選ぶ。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

この季節は

はい、
野球って続けて見出すと気になることが多すぎて、手が止まってしまうので、それはちょっと困りますね。

もう、明日しかない・・・・・・。

 

・・・・・・・・

 

img_3624
6年前の今日は、宮崎に帰省してて、やぶしげうどんで ごぼう天うどんを食べてます。
奥にあるのが、ごぼう天うどんで、おでんに入ってるねりもののごぼ天じゃなくて、かき揚げのごぼう天。

宮崎って、こしのないうどんで、ふわふわしてるんですが、伊勢うどんに似てて

うどんの話は 東村アキコさんの漫画 ”ひまわりっ” 描かれていた気がします。

会社の帰りに本屋さんに寄って、新刊 買ったら 家に帰るのを待ちきれず 電車で読んで 「・・ぷっ・・」と吹き出してしまうほど、笑える漫画。

チキン南蛮の ” もも派、むね派、どっち? ”  とか、蜂楽饅頭や、青島の植物園の 宮崎のひとにはおなじみの場所

なによりも登場人物の宮崎県人らしさというか、宮崎を出て 初めて分かる おもしろい良さ のんきさが たくさんちりばめられておりました。

この漫画と出会った時、(宮崎知ってるから、何倍もおもしろい!)と、めちゃ得した気分でした。

 

昔は よく漫画、雑誌、買ってましたよねぇ。

今日も まだ持ってた プロ野球全選手名鑑号 ’98年のを 引っ張り出してきたり、こういうのこそ、もう家の中になくてよいはずのものなのに・・・。(笑)

 

・・・・・・

 

5年前の今日は、なぜか世田谷の美術館に行っていたり

4年前には、その2年前と同じ 宮崎に帰っていたり、

多分 航空券のキャンペーンの時期だったと思うのですが、

この季節は、どこか 飛んで行っていたようです。

 

今は、LCCがごつい人気で、さくっと動けなくなってきました。

年齢のことやら、座席の広さもレガシーが楽ですね。

 

img_3625
4年前に 実家から見た 霧島

img_3623
三股駅から見た 夕日

 

・・・・・・・

 

今日も一日おつかれさまでございました。

 

今の年齢に合わせたかたちで、それなりの野球観戦、楽しめてます。

 

・・・・・・・・

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

今のことと、先のことと

お花屋さん

昨日 わたしが立ち寄った時間は、フラワーアレンジ教室のちょっと前に 立ち寄ったみたいでして お教室の後のお茶を楽しみに お菓子を持って来られたのかな?っていうかたもいて、(・・そうそう、こういう時に持ってく お菓子。目新しいの見つけるの 好きやったなあ~~~。)・・・・って ちょっとなつかしく 思い出しました。

お花屋さんの中は ハロウィン中心の色合いで、

 

昨日 予約が始まった 毎年ちょっとずつ切って味の変化を楽しむアヴェロンのシュトレン。

こちらは、クリスマスのために・・・・。

 

10月も半分過ぎて、もうそんな時期。

 

一日のうちの、温度の変化もなかなかのもの。

 

・・・・・・・・

 

今日も、途中経過をみながらの野球の応援、頑張ります。

 

・・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
XV 悪魔

あるがままを受け入れる。
自分にあるものをみて、ないものはみない。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

記憶の紐

img_3615

ヒペリカム、ワックスフラワー と りんどう

りんどうが、ツートーンっていうんでしょうか、藍色と白が混じっているのと、花びらの形も つぼみ状ではなく、少し開いていて ちょっと新し目の感じです。

ヒペリカムもピンクで。

こちらのお花屋さんは、教室もしているので、ほかのお店と、かなりちょっと違う品揃えなので、贈りものに とても喜ばれます。

いっせいにの贈りものを貰うシーンなどでは、めずらしいお花なので、贈ったひとの印象がとても深くなるようです。

“印象”で 思い出したのですが

こちらで、先日の ”ふうせんとうわた” が、中身がもふもふ出てきておもしろいお花ですね! って お伝えしましたら

お店のかた・・というかアレンジの先生、どんどん、お花の話をしてくださいまして、

話 聞きつつ(あーっ、やっぱり こういうお話、聞くの好き。)っていうの思い出し

また、お花の名前も少しずつ憶えて 楽しい話が出来るようにしよっ、って思いましたよ。

図鑑だけでは 憶えにくいところがあるので、こうやって、ひとと話をすると、
お花の名前という単語もちょっとずつ入ってくるのは、実感として。

 

img_3494-3

 

・・・・・

野球は、明日 頑張ってくれると思います・・っていうか、明日 勝たないと!

最近、野球の記事いろいろ読みだして、昔の選手の名前に強いのは、ナイター中継観ているうちに、名鑑で名前 憶えたからだなあ、とも。

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

温かいもの

都城、おでん

何年か前に、(都城で、女性ひとりでも飲めるお店、ない?)と 地元のひとに聞いて
教えて貰いました。

「雨風」

九州では、おでんの具に 豚の軟骨が入るのですが、
その豚の軟骨がこちらのお店は 味噌煮込みで、

ひとくちで、なにとは例えようがないくらいに、・・・なんというんでしょうか、
美味しいのは、まちがいなくて ですね、

この時は、ひとりで行きましたが、「これ、美味しい~~!」って言いたくなる、
なので、(あっ、今度 誰か誘って来よ。)と ひとと一緒に食べたくなる、
そんなおでん。

カウンターとか、店の構えは 完全にひとりでもオッケーな雰囲気ばりばりで、ほんとにそうなんですが、

ひとくち食べると、(誰かと一緒に来たら良かったな・・)って、そう思うお店。

 

昨日、家でおでん作ったけど、じゃがいもと大根があさかったんだよね・・。
今シーズン初めてなので、これからですね、おでん・・・頑張ります。

めずらしく、昆布だしにしてみた。
いつもは、「素」使ってるんだけど、最近は、ちょっと趣向を変えて。

 

豚なんこつ、どこかないかなあ・・・。

 

・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット

VI 恋人たち

向き合う、対処する。
伝え方を工夫をする。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)