いたわり

おはようございます。

テレビをみていたら
昔の野球の試合の模様が流れていました。

観客席が映った時、神に祈る手を組み、
一球一球を見守るファンの映像をみていて

熱心に野球観戦をしていた頃を
思い出しました。
うちにも、応援グッズたくさんありましたよ。

観戦に行ったり、テレビ観戦でも、
野球を熱心に見て
どっ と つかれるのは
とてーも集中しているから
なんでしょうね。

この野球の応援にしましては
”ファン”です(でした)と
はっきり躊躇なくいえるのですが

こぢんまりとした空間で
活動なさっている
シンガーさん、ライターさん
写真家さん や

あいさつを交わせる
スポーツクラブのインストラクターさんに

ファン、であることは間違いないので
熱心にライブや展覧会、レッスンに
おじゃまさせていただいているのですが

このちょっとした会話が出来てしまう距離で
「ファンです」って言ってしまうのに
なぜか、とても躊躇。

ファンとしては、貢献度が薄いし
「わたしは、あなたのファンです。」と言った後
相手さんからの印象は、どうなの?
ちょっと引く感じ?、と

あんまり意味のないことを
もやもや考えてしまうのでありました。

その点、遠くにいる人
野球選手や、スター、アイドルには
いくら大きな声で
ファンであることをお伝えしても
届くことがないので、

器がでかい!・・はちょっと違うが

好意の受け入れている量、どっさり。

どうぞ、おつかれになりませんよう
お身体をいたわってくださいませに。

って、どこからの目線だろうか・・。

301

・・・・・・

今日もよい一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・

今日の一日一枚は、
The Answer Is Simple

16 It’s Not an Emergency

深呼吸をして、
落ち着いてから動く。

 

ますみや
小谷 真澄 より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中