吮疽之仁

img_0593
吮疽之仁
せんそのじん

部下の苦労をねぎらって
大切にすること。

“吮”は口で直接吸い出すこと。
“疽”は悪性の腫物。
中国の戦国時代の
楚の将軍の呉起は、
悪性の腫物で苦しんでいる
部下の血膿を吸い取ってやった
という故事から。

そろそろ、同世代にも
リーダーになる人が増えて
伝えるための参考に

(こういう話があったなあ・・)と

検索するのに使ったキーワードが
中国、膿、母 息子、上司 で
たどり着きました。

他の故事にも、
膿を吸う人のお話があって、
(そんなに 膿、吸っちゃう?)って
思ったけども

相手に対する手厚さの例えとしては、
今、聞いても
(そこまで出来るのであれば、)と
というのは、表れていますね。

今日 わたし自身が勉強したのは、

例え話を全部知っておくのは
すばらしい、

けれども、

(・・あれ、なんやったかな・・)と

自分の中にキーワードのストックし
検索で調べて出す方法もある、と
いうこと。

ちょっと興味あるもの ぱらぱらみ
“ある”というのを知っておく。

図書館で、背表紙見て
中、ちょろっとみて、
元に位置に返す。

そんな使い方も、あるかな。

・・・・・・・・

今日も一日おつかれさまで
ございました。

お風呂に入って、寝ます。

・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中