頭の中にあるもの

前にも書いたっけな。

かれこれ、20年近く
宮崎を中心に
地方のことをみていた。

ネットで宮崎の情報を
見つけては、喜んでいた。

武者小路実篤の作った
新しき村は
過去、宮崎にあったと知り

(そういう村
作りたいなあ・・)と
思っていた。

確か・・入村資格って、
50歳までで、
何かを自分が提供出来るひと
・・・だったかな。

あいまいで、すみません。

・・・・・

仕事を辞めてから
大阪をぷらぷら
散歩する時間が出来て

(昔のひとって、
歩いて どこまででも
行ってたんだよなあ・・)と

歩いて旅した松尾芭蕉は
(どうやって 宿と食事を
確保したのかな・・)と
ぼんやり思ってみたり して。

・・・・・・・

宮崎(地方) と
大阪(今いる場所)を
行き来したい。

わたしの理想は
・コミュニティの中にいること
・旅しながら暮らすこと

さらにそれらが
“もともとあるもの”じゃない
かたちを望んでいるので
わたしの頭の中にある
イメージを伝える手段

文章の力を

底から上げていきたいなと
思っているところでございます。

 

ないものをあらわす文章で
読んでいて楽しいものって
SF小説・・かな。

IMG_5114
鴻池朋子さんの作品

・・・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました。

・・・・・・・

iPhoneだって、
頭の中のイメージを
上手に伝えて
みんなの協力があって

作られたんだよな。

きっと。

・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

真ん中に立つと

与謝蕪村の俳句
「菜の花や月は東に日は西に」の
満月が今年も、もうすぐ。

摩耶詣の途中に詠んだと
されています。

・・・・

実家の辺りは
視界が広く、360度見渡せ

満月の頃
月が昇り、陽が沈む時間

あたり一面
見渡せる中に立つと

“月は東に日は西に” を

自分の”からだ”で感じます。

・・・・・・

大阪と宮崎と行き来して
どちらの良いところも
享受できる。

ほんとうに、
ありがたいことでございます。

・・・・・・

191

img_0708

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

ほどけて

毎日、少しづつ
“自分”で選んだもの
“自分”が毎日続けていることの

お返事をいただいております。

ついつい、
(前より良くなった)と
階段の踊り場で
休憩しがちなのですが

お返事が
いっせいに届いたことで

そろそろ
階段を昇る時期が来たなあと
感じました。

一歩ずつ昇ってますので
毎日は気がつかないほど
ですが、

踊り場から
階段を昇るのに

良い季節。

まずは、”からだ”を伸ばして

深呼吸から始めます。

・・・・・・・・

今日もよい一日を
お過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

20 PELICAN
Self-sacrifice
ほどけて知る
こころ、からだ が
しばられていたこと。
自分の中にある
結び目をみつけて
ほどこう。

img_0707

・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)