あまりに風景

自分の周りのことは
あまりに風景になっていて
気がつかない、という話

どこかで聞いたか
みかけたか、なんですが

この日の”ブログ“で書いた

・武者小路実篤 と
・松尾芭蕉 への あこがれ。

お互いの得意な
“出しもの”を見せ合って
ひとの輪をつくって

その”出しもの”が
その土地に合ったものだと
根付いていく。

根付いていくと、
あたり前になるので
風景になる。

 

その風景を、
よそから来た人は、
めずらしいものと
重宝する。

 

重宝しているものと
よその土地のものと
交換する。

 

 

最近、
まだ行ったことのない
福岡熱が高まって

福岡の良いところ、
思い出しているうちに

 

 

あちらこちらを移動しながら

その土地の良いものを受け

自分からも

良いものを出していきたいなあ、と。

 

 

ずっと
ぼんやり思っていたことを

思い出すきっかけを
くださいました。

ひとと会って

お話するの、

楽しいよね、大好き。

打てば響く
お返事くださるかたなら
なおのこと。

 

最近 着てなかった
博多織の半幅帯や、
夏久留米(絣)

今年は、もう

間違いなく着ますね。

 

校庭に犬、来た時、
うれしかった

あの犬のように、
ぷらぷらしたい。(笑)

 

img_0757

今日も一日
おつかれさまでございました。

いつもブログ読んでくださり
ありがとうございます。

 

・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

自分の・・

自分の目的

自分の目的を
しっかりみて、
その正面に立つことで

すること、しないことが
だんだんわかってきた、
気がします。

気がする、しないも
自分の感覚。

ここを養うためには
自分でやる、
経験しか ない、と

最近になって
やっとこ気がついた、
50歳のいっこ前。

 

30歳になった時
(この歳になったので
もうそろそろ
好きにさせてもらおう。)と
思っていたのに

自分のカラーを
ずいぶんひっこめ

それより前は、
自分を出し過ぎていて

 

さあ、これからは やっとこ
ええ塩梅の自分カラーを出して

やって行ける自信がつきました。

・・ような気がします。(笑)

 

周りにいて教えてくださるかた
これまでも、お世話になったかた
いつも ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・

今日もよい一日を
お過ごしくださいませ。

・・・・・・・・・

今日の一日一枚は、
ソードの8
“自分の的(まと)”の
正面に立つ。
そして、
その的(まと)を射つ。

 
img_0753

・・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)