工夫

IMG_1884

こちらは、宮崎・都城吉尾の
ハンズマン。

こちらに初めて行った時
(うわあ、ここすごい
ホームセンターなん?)って

とてもびっくりしました、

それから 気に入って、
タリーズコーヒーもあるし

(どこに行く?)ってなった時
ここに連れてきて
もらっています。

 

img_0898

img_0899

今、図書館で借りてる ご本に
こちらのハンズマンのことが
出てきていて、
またまた、それもびっくり。

 

自分の経験での
(こうなんだろうなあ・・)という
予測の範囲にないので

びっくり・・なのですが、

どちらもいいびっくりです。

 

・・・・・・

 

昨日のブログでは、
母への想い出を綴りました。

この世から去る前の
5月に余命を知り
治療に入るのですが

この期間になってくると

ただ楽しく過ごす
想い出をつくる

体調の良い日は、
ただ楽しく過ごす、
ただただ
楽しく過ごすことばかり
していました。

天気のように
体調が変わってしまうので

貴重な晴れの時は

“すること”が
はっきりしているのです。

 

自分たちに必要のない
悩みや、情報を取る

時間がないので、

ただ楽しく過ごす、
想い出をつくるために。

 

この時も、

今の自分に必要な
生きる工夫はなんだ? と

短く、すぐに 考える
そういう時もある ことを
教えてもらったと思います。

 

母の工夫は、
そんな感じですが、

 

母がいなくなって

いても、入院が長かった母なので

身の回りのことは
自分でしていた父ですが

母が亡くなっても

自分でひとりで

こちらも
自分に合った生きる工夫を
しているひとだと思います。

 

この父の場合は、
生きる工夫がすごくて、

庭や家が
へんな造作になってて、

英語が一度も
堪能だったことのない
わたしですが、

たまに 実家で

「OH・・」と

王選手の背番号のように
驚いてしまうことがあります。

 

その頃の父、母の
同年代の域に入ってきて

 

母にだったら、
ただ話を聴く、

父にだったら、
“娘さんは、こういうことは
喜ばないと思うよ” と
言ってみる、とか

同じ年代の枠に入ってきて
(この歳の頃は、
そうだったんだもんね・・)と
思い起こしてみたり。

 

あまりに父が、(つまらない)
工夫をするものですから
一時は、”クフ王”と
言ってみたりもしたものです。

 

今日のこの散文的なブログを
“伝わる書き方”の
ご本の画像と一緒にアップするのも
どうかな、と思いつつ、

 

お風呂に入る時間がきたので

今日はこの辺で。

 

もし、都城までお越しの際には
吉尾町のハンズマンに行ってみてね。

 

・・・・・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました。

・・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中