縄文サブレ

ラ ラ ラ ララー ラ
ララ ララ ララーラ

img_0904

こちらは、
わたしの実家のある
宮崎・三股町のお菓子のお店
さどびらさんの”縄文サブレ”

 

img_0905

実家のとまとちゃんと
縄文サブレ、くじらようかん、最中

 

友人に聞いたところでは、
今月末にお店を閉められるそうで

なんとも寂しい。

 

昔からあるお菓子、
高麗菓子(これがし)、いこ餅、
四角いかるかん とか

地元に帰った時に、
お茶うけとして、

兄弟たちとも食べたのが
良い想い出です。

 

想い出のものの ” かたち ” が
なくなることに
抵抗が大きかったけど

人生の半分過ぎた自覚して
かたちへのこだわりが
うすくなりました。

 

このブログに 気楽に、
変化と一緒に記してるから。

 

想い出の話を一緒に出来る
仲間がいる

そういうのが、いちばん好き。

 

実家のあるところ、
夕方の時間
陽の沈む景色に、
5時のチャイム、
お寺の鐘も鳴り響く

なんちもいえん、
よかところです。

 

中学生くらいまでは、
大人のひとに、
“こんにちは”って
挨拶してくれます。

 

実家 帰った時
訪ねていく所が
少しづつ変わるのは

ちょい寂しいけど
その気持ちも味わって
ちょっとずつ
わたしも変わっていく。

 

想い出ありがとう

また、みんなで 話しよう。

 

・・・・・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました。

・・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

ふつう

子供の頃って、
“真ん中”がわからなくて、
(”ふつう”ってなんだろう・・)と
思ってた。

 

人生の真ん中 確実に過ぎて、
(ふつうは、自然 自分の・・)で
いいかな。

 

ふつうは、自然。

 

ふつうにしてたら、って

関西弁なのかな。

 

自分のふつうと、ひとのふつうが

違うことの 良い発見

今日も みつかるといいですね。

 

・・・・・・・・・・

今日もよい一日を
お過ごしくださいませ。

・・・・・・・・・・

今日の一日一枚は、
XIX 太陽

img_0900

手のひらを太陽に

大人だって
たまには
“からだのふしぎ”を
感じて
あたりまえ を
ありがとう に

 

・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)