自分にとっての・・

今日、夫の仕事のことで
“数字が好きか” の 話を
してまして、

わたしは、
建築積算の仕事を
長くしていたので

“数字が好き”と
思っていましたが、

実は 数字の単体は
そんなでもない と
気がつきました。

 

わたしの場合は

建物の設計図面
“図面”をよむことが
かなり好き。

あの図面と、この図面とをみて
立体的にはこうなる・・

細部はこう・・と

イメージをしながら

数字を拾って

 

それの成果を表すため
数字が必要だったんだ、と

ちょっとした
日常の会話で気がつきました。

 

頭の中に
“画”が浮かぶ数字こそが

わたしの中では
生きている数字。

 

ドラフター時代
図面を描くのが、
あれのあれなので、

まさか、
図面に比重があるとは
思ってなかった。

 

みるのは、
ほんとうに好きだもんね、図面。

 

・・・・・

今から30年前

建築積算の事務所に
就職したいと思っても
求人ではみつからず・・

自分から
履歴書とあいさつを
郵便で送って、
運良く、
二社目で雇って貰えて

宮崎から出て
大阪の住まいを探すのも
いろんなかたに
お世話になりながら

飛び込んだ、この仕事。
お世話になった会社が
とても良かったのも

この仕事が好き、と
思えたこと

これは、
ほんとうに そうですね。

 

img_0928

 

今のわたしと、
いっけん関係がないようにみえる
建築の仕事。

この頃、
安心できる会社で働いた経験は

あちらこちらに
生かされていると思います。

 

・・・・・・・・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました。

・・・・・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中