気持ちがわかる

img_1139

こちらは、
20年くらい使っている
急須のつまみ。

うさぎのかたちになってます。

 

今朝のブログ

” 兎に角 ” って書いて、

(あれ?
なんで ”うさぎに つの?” )っと

 

夏目漱石、” 草枕 ” の冒頭
” とかくに人の世は住みにくい。 ”

 

とか

 

中国の ” 述異記 ” の ” 兎角亀毛 ”

うさぎにつの や、大亀に毛 と
この世に存在するはずのないもの、

 

という言葉を見つけたり

 

興味があるものは
つぎつぎに出てくるけど

とにかく、が
なんで 兎に角 なのかは

 

分からなかったです・・。

 

・・

 

草枕の冒頭 や

中国の面白そうな言葉が
みつかって、

それは、それで、

良かった。

 

・・

 

兎角亀毛は、
この世に存在するはずのないもので

それが見つかる時は、
戦の前兆という言い伝えも
なかなか興味が深い。

 

なんというんでしょう・・

前兆ですからね、
興味ありますよね。

なんせ、前兆ですから。

 

・・・

 

夏目漱石の草枕は
(読んだ)記憶はないけど

” 智(ち)に働けば角(かど)が立つ。
情に棹(さお)させば流される。
意地を通せば窮屈だ。
とかくに人の世は住みにくい。” というのは

読んだことなくても
知っていて、

 

智、情、意地 の三つと

 

なんていうんでしょう・・

 

今も変わってなく
” ひと ” としてわかる、

 

“気持ち”がわかると

 

それは、
こころにのこりますね。

 

そう言えば、
夏目漱石 ” こゝろ ” は持ってる。

 

 

・・・・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました。

・・・・・・・・・

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

うさぎ

うさぎ、

持っていたぬいぐるみが
うさぎ だったのもあってか

幼稚園の頃
うさぎがすごく好きで

幼稚園のうさぎのために、
りんごや人参の皮(!)を
持っていったり

動物園も、
(うさぎがみれる!)と
思って行ったら

最後まで、うさぎの小屋は
見つからなかって
出口に着いて、

そういうことで、
覚えているし、

 

なんで、
うさぎが好きだったんだろうなあ

その頃、確かに
流行っていたとは思うけど。

 

とにかく、
わたしたちが、子供の頃は

うさぎ、
文句なし 可愛いアイコン

だったんでしょうね。

 

兎に角・・ね。

 

・・・・・・・・・・

今日もよい一日を
お過ごしください。

・・・・・・・・・・

今日の一日一枚は、
SMITH-WAITE TAROT
ペンタクルスの6

img_1132

あなたと気付かれない
より遠くのひとに”寄付”をする。

 

小谷 真澄
(VZQ05275@nifty.ne.jp)