同じ空の下

今日は めずらしく(笑)タロットカードをみていておもったことを。

タロットカードの一組は78枚で 大アルカナ22枚と小アルカナ56枚。
大アルカナは、寓意画(アレゴリー)が描かれた22枚、小アルカナは、四つのスート ワンド、カップ、ソード、ペンタクルスの4組の分類と 各スート(マーク)の 1から10までの数札と人物カード ペイジ、ナイト、クイーン、キングの14枚の計56枚、全ての合計78枚で構成されている。それぞれのカードの絵柄に意味があるのだけれども、

日本で、標準的とされるウェイト版タロット(画像はウェイト=スミス・デッキ)のカップの人物カードが、ペイジとキングが灰色、ナイトとクイーンが青 と ほかのスート、ワンドとソードは青、ペンタクルスは黄色と 人物カードの背景は同じ色なのに不思議だなあ、と。

カップのナイト(左から2枚目)とクイーン(左から3枚目)の足元の流れある水、川と地も似ていて、ペイジ(一番左)の持つカップの中、キング(一番右)は左跳ねた魚、キングの右後ろには赤い船が見えるので、海のそばかな と。

どこかで資料見つけたら、また整理します。

(6月25日のブログの今日のメモ欄 ウエイト版の背景の色 )

・・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275nifty.ne.jp)

夏は、楽しい。

宮崎に帰った時、友人に霧島ビューポイントを教えてもらうことがある。
そこが公園の展望台なら連れて行ってくれたり、車で走っている時、目の前を遮るものない 一面に広がる畑の中から見える霧島だったり。

毎日 霧島をみて暮らす、いいなあ。

御池(みいけ)で 流しそうめんしている頃は、特にそう思う。

夏は、楽しい。

・・・・・・・・
今日もよい一日をお過ごしくださいませ。
・・・・・・・・
今日の一日一枚は、
トートタロット ワンドの5
自分の人生を、ひとに任せることは出来ない。

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)