正直な気持ちを話せるひと

ヤマザキマリさんの本に夢中。
きっかけは、ほぼ日刊イトイ新聞での連載 世界をつくってくれたもの。ヤマザキマリさんの巻 ( https://www.1101.com/foundation/yamazakimari/index.html

図書館で本を借りてきて、「とらわれない生き方」と「地球で生きている ヤマザキマリ流人生論」の2冊を、ぱらぱらと読んでいます。

「とらわれない生き方」は、ヤマザキマリさんに聞いてみたい人生のお悩みへの回答の人生の指南書で、ヤマザキさんの文化の視点や、本質を見据えて意見、大胆な発想で。根底に、前向きに生きる力と人間への深い愛があり、『とらわれない生き方』を地で行く、ヤマザキマリさんの思考回路を味わい、心の凝りやくすぶりを吹き飛ばすパワー・・・と、本の編集部の冒頭にある通りの ほんと、強く、優しく、オモロい本です。

「地球で生きている」は、”はじめに”から、とても印象的な部分の一部引用でご紹介させていただきたいのですが、
「自分は地球上に生きている、宇宙の中の、地球という惑星に、というもの凄く視野の拡張したSF的な意識を持った途端、自分が世界のどこに行こうと、そこで何をして生きて行こうと、一々細かく拘るほどの事てもない、という大らかさが、そんな環境の中で私の中にも確実に芽生えたのだと思います。
それに、世界の広さというのは地球の物理的大きさだけでは成り立っていません。ここで遥か太古から繰り広げられてきた生き物の、そして知恵を持って生きて来た人間の歴史の軌跡までたどると、地球というのは時空がミルフィーユのように厚い層を為している、果てしのない奥行きを持った天体なのです。そんな天体に生きているという興奮に高鳴る胸を抑えるために、自分は外へ出て行って自分の目で、この天体の有り様を体感するしかありませんでした。」

 

ヤマザキマリさんの本を読んでいると、自分の頭、からだに 足りていなかったものが、よみがえってきた感じがします。

インド映画、「きっとうまくいく」は、夢中になって4回 観に行ったのですが、その時の感動に近いです。

 

・・・・・・

 

ヤマザキマリさんの本も読みつつ、

ずーっと長い間、わたしは地方創生に興味があって、その方のブログを読みつつ、推薦図書をチェックしているんのですが、図書館から借りてきて、(・・歯が立たない・・)のが、かなりあるのですが、

こちらの地方創生の方のブログは わたしにも読みやすく、先日から池谷裕二さんのことも言っていますが、

専門的なことを一般のひとに分かりやすく伝えるっていうのは、ほんとにすごいなあ・・って思うのです。

 

今朝のブログには、わたしが小学校の頃、宿題が出来なかった話を書いていましたが、

30年ぶりの中学校の同窓会の時に、勉強が好きでしていたひとは、話題も豊富で話をしていて楽しかったし、(・・立派になったなあ・・)と 少しまぶしくも見えたものです。

勉強が好きでしているひと、実ってますし、わかりやすく伝えるのが上手。

なにか、自分が熱中出来るものが見つかると、挫折にも強くなるし、ひとのことを、みなくなる、そうなれる・・・気がします。

正直な自分の気持ちを話せるひとに出会えると、人生が楽しい。

前回の同窓会があって、わたしの人生が太くなりました。

なにかにつけて、中学校の同級生には、お世話になってる、と思います。

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

夏休みの終わり

img_2769

小学一年生の夏休み初日の絵日記

img_2768

小学二年生 この日は 市民会館の映画と催しものに行った。

小学校二年生の夏休みの終わり頃の絵日記

この日の絵は、父が描いてくれた。

・・・・・・・

全然 宿題が出来なかったので、学校はちょっとめんどうだったなぁ。

小学校の頃は、団地に住んでいたので朝、「まーちゃん、がっこう いこー」って同級生が誘ってくれるんだけれども、「先、行っててー。」って言って

ぎりぎりの時間に、階段を降りながら (・・今日も宿題してない・・)と (・・どうしよう・・)と そんなことを思いながら、朝は学校に行ってたと思う。

こういう性格だったので、SFのタイムスリップのお話は大好き。

もしタイムスリップで、前の日に戻れたとして、小学生のわたしが、宿題をするのかどうかはわからないけど

今は、あの頃、階段の踊り場で悩んでいた 小学生のわたしに、(こちらは、なんとかなってます。)って 49歳として お伝えしたいです。

 

・・・・・・・・

今日もよい一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、ライダーウェイトタロット
カップのクイーンの リバース

自分の幸せをみる。自分が幸せと感じることをみつける。

 
小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

 

うれしいことのあった日

今日は、うれしいことのあった日。

交換の出来るものを持っていて、それをひとに喜んで受け取ってもらえて、自分の覚えたことが使えるとわかると、とてもうれしい。

・・・・・・・

うれしいことがいくつかと、大きくうれしいことがあったので、今朝のブログに書いた香り、お店でたくさんの香りを嗅いでいるうちに、わからなくなってしまった。(笑)
なので、今日 気になった、「ナツメグ」買って帰ってきました。

・・・・・・・

今、ヤマザキマリさんの「とらわれない生き方」を ぱらっとめくって、こちらが 読んでて漫画のようにおもしろいのも 今日のうれしいことのひとつで、めくったページに ~~日記は、最強の「脳みそメンテナンス」~~ と 書いてあり

今までも いろいろなところで、「”日記”書くといいよ~~」って言われていることは知ってて(ブログに ほぼ毎日記しているし、予定のことは手帳に書いているし 充分。)と思ってました。

ですが、今日のようなうれしいことのあった日、細かく書くことが出来ないので、(うん、日記始めよう。)と やっと思えるようになりました。

(うれしくない日を書きたくない、覚えていたくない。)っていうのがあって書き始められなかったので、そのところは、その日どうするか、かな。

気持ちのことを上手く書ききらないから、今日ちょうど、作文の一年生のドリルから始めようかな・・っても 思ってたところ。

感じたことをそのまま書きましょう・・っていうプレッシャーで 作文は上手くかけたことない記憶。

読み上げの時に、わたしより先に発表してる子のお話が、かぶって頭が真っ白になったことも。自分の順番で、(この辺かぶってるからどうしよう・・)ってしているうちに、読むこと自体がぐだぐだになったことが、ある。

小学生の頃は、真面目だからプレッシャーがたーいへんだったなあ。

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

実験

自分でやってみて、(・・そうそう、こういう実験が好きなん・・)っていうのを思い出しました。

実際に自分がやってみて、からだで感じること。

実験の何が好きって、「これ、おもしろいからやってみて!」ってひとに言いたくなることかな。

・・というわけで、そのページは ほぼ日刊イトイ新聞の イトイ新聞に連載されていた池谷裕二さんの 海馬。頭は、もっといい感じで使える。プロローグ・その2 2002-04-025のこちら

かなり老眼が進んでいるのか めっちゃ画面に寄った時に 青が消えました。

・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

 

ちょっとずつ

今朝、コーヒーを淹れている時に、(あっ、この匂い嗅いだことがある・・)と ふと 思い出した香り、覚えているうちに テイスティングに出かけよう。

どこのお店に行こうかな・・。

・・・・・・

子どもの頃に 母と妹と一緒に ちらし寿司を作るのに 炊いたお米を 寿司桶にうつして しゃもじで すしのこを うちわで扇ぎながら混ぜている時に、すしのこの匂いに 鼻をくすぐられて、みんなで「・・うふふふふ・・・」と笑っていたことも、

今朝の香りが漂ってきて 思い出しました。

 

今年の夏、いつ終るのかな・・っと 思いながら過ごしましたが、そろそろ なんとか なるかな・・。

ちょっとずつ、出かける気持ちになってきたような。

 

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、ライダーウェイトタロット
ワンドの7のリバース
自分の 行動、方針 は、自分で決める。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

味・嗅・触

昨日のブログの 池谷裕二さんの本「自分では気がつかない ココロの盲点」に続いて、糸井重里さんと対談の本、「海馬 脳はつかれない」を ぱらっと開いて、目にとまったページから 今日はご紹介いたします。

海馬にとっていちばんの刺激になるのが「空間の情報」で、今いるところから部屋の隅に移動するというだけでも、空間的な概念が海馬に刺激を与えるのだそうで、かつ、実際には動かなくても、頭の中で移動を想像するだけでもちゃんと刺激になるのだそうです。

ですから、インターネットを見ていてどこかに行った気になるのも、海馬への刺激になっているそうなのです。欠点は、人にある五感 視・聴・味・嗅・触 のうち 目と耳だけの刺激の世界になることなんだそうですが・・。

2002年の本なので、この後10年もしないうちに、インターネットつまりスマートフォンを手に持ちながらどこかに行くことが出来るようになるのですが、

であれば、どこか出かけた時 さらに意識して、味・嗅・触の三つを生かし 「そこの空間の情報」を その時につかみ 出かけることと その意味を充実させたい と あらためて 思いました。

・・・・・

これから たまに、過去に読んだウェブの連載記事を、そのトーンと文体とその頃の背景と構成と、もちろん中身を懐かしいお店を訪ねるように味わっていこうと思います。

その頃に、自主的にタイムスリップ。

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

 

 

もう一度 読む

只今、はまっている、池谷裕二さんの読みもの、例えば 海馬

さらーっと 読み通したのか、読み落としたのか
もう一度読める、その時だけのものではないもの。
専門的でありつつ、一般向けに作られているって、すばらしい。

10年以上前だから、
わたしも自分の持ってる生活という中での、
経験の結果が増えて、読めやすくなってる。

さて、もう一度 楽しもう。

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、ライダーウェイトタロット
ペンタクルスのキング

見たことのないものに出会った時の
気持ちを思い出す。

 

小谷 真澄