星のまたたき

明け方は、久しぶりに星のまたたきが 見えました。
きらきらと、手を伸ばせば届くガラスの細工 落ちないのが不思議なくらい 近くで輝いている。日が暮れて、(赤い あの星か)と火星を感じ

そういえば、今日 南宮崎駅もで 運良く ななつ星も 見れたんだった。

どう撮っても、車両に写り込む人影。

・・・・

霧島で 日が昇る前 星や月、空、雲、山の緑、鳥や虫の鳴き声を
青島で 海と空の青のグラデーション、雲、砂、波と風の音を
時を忘れて 自然をからだで感じると
もっともっと 地球に触れようと

重力、引力、自然、物理、

もっともっと地球を感じよう

星になったひとの仲間になるまでは。

・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

あの時 その時 今

例えば、自分にとって意味がある 価値がある と思って
長い時間 そう思っていたから 思い込みになっているもの。
それは、”その時” 意味、価値があって
今も そうなのか と 言うのは

昨日 久しぶりに おばと話をして
「あたしたちのころはさあ」という
わたしが子どもの頃から変わらないおばの声を聞いて

もっと いろんなひとの声を聞いておきたいなと、今は そう思ってます。

声は そのひとが いなくなったら 消えちゃう、でも 記憶に残ってる。

・・・

今日も良い一日をお過ごしください。

・・・

今日の一日一枚は、トートタロット

X I I 吊るされたひと

子どもの頃に思った 大人になってますか。

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)