肌で感じる

たまに、日本語を理解しない世界に浸ってみる。

ネットで海外のニュースの写真だけを、ぱらぱらとめくっていると、意味はわからないけれど
世界から見たら、日本のことは

東京のひとが思う・・・田舎のことくらい またはその逆

肌で 感じることが出来ない距離ってあるなあ・・・と。

・・・・・・

全然 話 飛ぶんですけど、

百貨店で、働く女のひとの服を置いてるフロアに「職業女装」と書いてあって、(・・おおっ、すごい 微妙に意味が通じる・・・)と それはちょっと感心して

漢字が読めることに、ちょっとはメリットがあり、本家とは 意味が違っていても、あの形を見分けられるだけで、なかなかすごい!と 思うのでした。

” 読める ” と ” 意味 ” が一緒に走ってる、文字って、いまさらながら なかなかすごい。

・・・日本語しか 読めまへんけどね。(笑)

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ソードの3

創作の悲しみに触れる。
“からだ”がつらくならないほどの
悲しい気持ちに浸るのもいい。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中