ふつうのひと

ちょっとの時間でも、父と会ったことで 自分のこれからに これからのために準備をしておくことが、

ここはさすが親子、見栄のない、遠慮のない間柄だからこそ 分かるところがたくさんあった。

親子、似ているというのは、相互理解もあるけども、不得手なものも似てるので、お互いのカバーが出来ないんだなあ・・・。

 

遠慮のない間柄で、仲良くって・・・むつかしい。

 

ご近所さんは、親子で住んでる方ももちろん多いので、きびしい口調に聞こえる会話も あちらこちらで飛び込んで来るのの、

それに対しての理解も 今回久しぶりに父に会ったことで ちょっとは出来るようになった。

(もっとやさしく言ってあげたらいいのになあ・・)って、ひとのことはそう思ってるのに、自分だと、何分持ったかな?

 

早口で、言いたいことだけいってたような・・・。(笑)

 

・・・いやぁ、親子はむつかしい・・・わたしはそう感じます。

 

良いひとでも、悪いひとでもなく、ふつうのひとを目指そう。

 

・・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中