場面は覚えてる

img_3494

“ふうせんとうわた”の中身が もふもふ 出てきてて、
一日・・というか、
ほんの数時間で もふもふ 出てきてたので、

見た目が、おもしろいから買ってきて、
家に活けて、こんなに変化して
めちゃおもしろい、植物やなあ、と感心。

img_3504
ふうせんとうわた

img_3501
なかみがでてきた

img_3502
もふもふ

img_3503
もふもふ

 

・・・・・・・

 

今朝のブログでも書いていた10.8決戦の話をSNSで引き続きしていて、
3回裏の守備の時、落合選手が、内転筋を痛めて、途中退場するのですが、
(・・その時に、おぶったひとって誰だったっけ・・)との質問に

早速、動画を見て 返事をくださったかたがいて、
担架も来たけれど、中畑コーチが落合選手を負ぶっていったんだ、と

試合の本編の流れを、数字は全く覚えてなくても

イレギュラーな出来事、場面を、文章ではなくて、
” 絵 “で記憶している、と あらためて。

・・ま、それでも いろんなこと よく忘れてるけど。

 

24年前の試合の映像をみながら、
昔のテレビ画面、ワイドじゃないことにもびっくりしたのですが、

選手の名前や、ボールカウントの画面の表記が、
簡素、シンプルもシンプル
自分たちがみていたものなのに、歴史を感じる、

なんか、すごい歳 とったひと な 気分になりました。

24年前って その頃の母の年齢は49か50
今のわたしと同じなのか・・・。

 

その頃は、SNSがなかったし、几帳面に日記をつける性格じゃないので、

今の時点で 忘れてたら、これから先も出てこないけど、

なぜか、この試合、宮崎に帰っていて、実家でテレビを観てるんですよねえ・・

それは、覚えてる。

母は、入院してたから、父とふたりで観た ということ なんだけど。

 

試合開始6時からは、車のラジオで聴いて、
テレビ中継が始まってから家の中で、父とみてた。

 

わたしが、すごーく巨人のファンだって知ってたから、
会社のひとが 実家にも ”良かったね!”って言って、電話をくれたり

 

むかしは、むかしで、今ほど便利ではなくても、
それなりに おもしろおかしく やってたねぇ。

飛行機のチケットも、電話で予約ですからなあ・・。(笑)
動きたいなら、それなりには、まめでないと。

 

まめで、おもいだした、

巨人のフォーラム、
オフ会の幹事、さらっと かってくれたひともいて、
みんなも、すんなり自分の得意分野生かして、
協力体制、ばっちりだったんですよねぇ。

その辺は~、野球のフォーラムだからか、
各自 ポジション分かってたのかな。(笑)

 

オフ会を企画してくれるひと、
一緒に参加して、盛り上げてくれたひと

 

24年、経っても 楽しい想い出の話は、尽きない。

今でも、ネットで繋がって たまにお話出来ることは、うれしいねえ。

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

相乗効果

企画→実行

なつかしいNiftyの方々と話をしていて、20年くらい前なので
電子会議室(電子フォーラム)参加者も、独身のひとが多く
事前情報としては圧倒的に今より少ないなか、
実行までのスピードは、確実に早かった。

家族がいると、相談しないといけないし、
情報が多いと、迷うし・・で だけれども、

この辺は、もう 私的には かっ飛ばして行ってもいいかな、
そっちのほうが慣れてるしね。

Niftyの方々と話をしていると、経過年数もあるけれども
お互いの言葉の使いかたが、解りやすい。

背景が一緒だし、共通項(巨人ファン)で話してるから、
尚のことなんですけれども、

この秋の天気の良い日に、

仲間同士の良いお付き合いがあったよねえ・・と、ふと思う。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

同じもの みてた頃

今日は、10月8日。

24年前の10.8決戦の野球ライターさんの記事を読んで、思い出し、
SNSで、わたしの周りのGファンのひとたちとコメントをかわす。

1994年が、10.8決戦の年。
その2年後に 日課というか 楽しみで趣味となる パソコン通信。

オフ会、観戦オフはもちろん、ふつうのオフ会(飲み会?)、東京で観戦してのオフ会、
東京の憧れの居酒屋にも行き、なぜか湯河原温泉にも泊り企画もあったり・・

若い、若いよ、なんていっても 企画してから実行までのスピードが速い。

 

東京!に あこがれてたのもこの頃。

東京の”ふつうのひと”と、交流が出来るようになって、
「東京って、どんなところなんですか?」って めっちゃ聞きたくなるし、
聞いてた、きっと。

東京に初めて行って、山手線に乗った時、
電車の中の会話が(関西弁じゃない!)っていうのにも驚き、
名前しか知らなかった駅を次々過ぎていくことに感激し、

ほんまに、電車混んでることや、網棚に荷物あげることにも
(大阪の、10倍 都会やなあ・・)と 同じ都会とされてるところでも
こんなに開きがあるのか・・・と ちょっと驚いた想い出がある。

旅行中に詰め込むから、そう思ったのかも知れないけど。

スムーズ進行のための工夫がすごいな、っていう。

 

憧れてた 東京のことや、野球のことを
今日はちょっと思い出しながら過ごそう。

 

若かったよ、なにもかもが。(笑)

 

・・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
XXI 宇宙ユニバース

気持ちを枯らさなければ、
もう一度 すてきな出来事に出会えます。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)