姿勢と目

吉本隆明さんの125分の講演のテキスト、読みたいけれども、本じゃなくてスマホの画面なので、途中で置いてしまった。

文字を読むのに、画面を見る時の姿勢が いまいちなんでしょう。あと、やっぱり目にきます。

そこで、文字を読んで感想とか スポーツを観戦をする・・・よりも

 

・・・・・・

 

鑑賞(かんしょう)とは、芸術作品などの美的な対象を視覚、あるいは聴覚を通して自己の中に受け入れ、深く味わうことである。

 

・・・・・・・

 

静かーに、鑑賞する時間を持ちたい、そんなふうに思います。

 

・・・前に、ピカソのゲルニカ観た気がするんだけど と、気になる過去の展示を 検索しましたが、心あたりの旧サントリーミュージアムが大阪文化館・天保山代わった時に、それ以前の展示のことを引き継いでないようで、分からなくなってしまった。

 

・・まあ、そんなことだから

過去の記憶よりも、目の前に鑑賞するものを 今持ってこい、っていうことか。

 

・・・・・・・

 

スポーツも、文学も映画もすてき。

でも、こころしずかに ながめる そういう時間がいるんだろうねえ。

目がストライキ。

 

・・・・・・・

 

今日も一日おつかれさまでございました。

 

・・・・・・

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中