ひとつずつ

全然、プロレス詳しくないのに、
頭、腰、胸への衝撃
そして咳などが、

なんだか、

頭だと、投げ技
腰、キック
胸、チョップ
咳、パンチパンチ

というふうに感じるのかなあと
思ってました。


ふと気付いた。

それは、
20代の頃に、格闘ゲームが好きで
それで遊んでいたから、

からだへの衝撃を
それに置き換えて感じるんだなあと

気がつきましたです、

はい。


そして、今は実は
ほんとうにからだが
出来る範囲でしか動けない

empty を ひしひしと。


お風呂は、気持ち良かったけども、
その後長い時間むせてしまった。

ひとつずつですね。

・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

美味しいもの

昨日のひとりパーティー、
からだには堪える量だったんだろうな。
美味しいからって、
食べ過ぎないようにしないと・・。


通販で頼んだ ” 煎じ薬 ” が 届きました。

つつみを開けて広がった
懐かしい匂いから
母もいた頃を思い出す。

むかしから変わらない味だが
あの頃に比べて
薬草茶をよく飲むようになったので

(なるほど、これが
からだにやさしい味なのか・・)と。

昨日のひとりパーティーでの
大好きな味との違いをしみじみと。

大好きな味は夢中になるから
食べたい時に食べれるように
自分で加減を決めないと ね。

煎じ薬飲んだ後は
おかゆはうっすくカレー味
プリンも食べて、
ごちそうさまでした。

なつかしい想い出の味は
いつまでも食べていたいから。


更年期には、ロングセラーが
良いのかな・・。


” アイドル ” ” 更年期 ” で 検索したら、
むかし憧れていたアイドルの方々の
お名前が まあまあ あって、

職業の定義とは別にして
薄着、靴、化粧、
わたしのからだでは
持ち堪えられない重労働だなあ、と
思います。


今回、ずいぶん夫も協力してくれて、

それは、

寝ている時に部屋を見に来ないとか

そういうところも
気が利いてるなあと思います。


夫も、何度か入院していますので、

からだがきつい時のこととか
寝てて起こされる時の気持ちとか、

よく理解しているひとだから
なのかな、っと。


そう言えば
夫が入院していた病院の食堂。
食堂が開く少しに着いて
人が並んでいるので不思議だなあ・・と
思いましたが

カレー

かなり美味しかったです。


母の入院していた病院も
「何か食べに行こう~」と
母に誘われ

食堂で注文した
わたしの食べているものを
ほんの少し母が食べて

「あぁ、美味しい。」と

喜んでいたものです。



おすそわけ、で 美味しいものを
いただいた時も うれしいな。

田舎はおすそわけが、旬のものだから
いきいきしててほんとに美味しい。

友人のお母さんのシュークリームも
美味しかったなあ・・。

お腹空いてるわけではないけど
食べて美味しかったもの
思い出すのは、

なんか、良いですね。


自分の記憶の中にある
食べものを思い出して、
” からだごと美味しいもの “が
分かった気がしました。

自分の感覚なので、
言葉には起こせないのだけれども。


・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)