お花のこと

お花屋さんのこと

今年
ちょいちょい
うちの空気の入れ替えで

近所のお花屋さんに

うちに飾ったお花が
つかれてきたら
入れ替えの間隔で

通えて良かった。


20年前から
知ってるお花屋さん

わたしが
派遣で勤めた会社の

(福利厚生)
女性社員向けの
フラワーアレンジで
来ておられた先生
そして
お店なんですが。


考えてみたら
こちらの先生

ワゴン車で
市場に買い付けに
行かれてるんです。


市場に買い付けって~~

サラリーマンの家で育った
わたしからみると、

夫の実家や親戚の
商売しているひとの

それは もう

話を聞くだけで
(たいへんだなあ・・)
・・って思うことが
たくさんあるんですが


それを出来て
お店されてるので

肝の入りかた が 違う。(笑)


買付も配達も教室も出張も

不在の時があるからか

先生の口ぐせ
「うちは、こういうお店なんです。」と
おっしゃるのですが

お花を自然なかたち

お店に室温で自然に
飾ってるような
売ってるような

そして
お花の長持ち剤を使わない


そいういうのもあって

うちに
こちらのお花を
お迎えしても

そのままの感じで
自然にいてくれる。


今年復活した
お花屋さんとの
お付き合い

来年も
また続けられると いいな。



小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

ね む れ る

朝 寝るっていって
昨日は 布団の中で
だらだらしていた
時間もあったのだけれども

今日は
ちゃんと眠れて

(まだ 眠れるくらい
体力不足なんやなあ・・)と。



でも
この 眠れることの
ありがたさ。


体調不良の始まりの
のどが苦しくて眠れない

これを越えてから
戻ってくると

眠れることが
どれだけ ありがたいか
よくわかります。


(眠れない・・)っていうのは
起きてても つらい
寝ててても つらい という
どうにもできない
からだの姿勢を
どうしていいかわからない

そういう時間を超えてくると

ね む れ る ~~~(至福)と

眠れるからだつくりを
大事にしたいな と。

img_4921
今日は、ちょっとずつ
すき間を開けて 横に広げてみました。
ほんとうは
もうちょっと工夫したかったけど

あんまりさわって
わたしの手の温度で
お花がつかれてしまうとかわいそう

なので
今日は、これでおきました。

今日も一日ありがとうございました。


小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

美味しいごはん屋さん

寒い冬の朝の空を見て

もう一回寝る。(笑)


ずいぶんと
調子良くなってきたようだし

(ああ、あのお店で
ごはん食べたいなあ・・)って
思ったりもしてるけれども

落ち着いてからの
楽しみにしておこう。


往復泳ぎの
体力があるかどうかが
まだわからないし

でも

美味しいごはん屋さんが
頭の中に浮かぶようになって

それだけ
気分は良くなってる。


臥せっていた時は、
とてもそんなことは
考えつかなかったから。



先日、しゅうまいの
美味しいお店を見つけたので
知人にも お送りしたのですが

その時の通販はFAXで

最近の
のどの調子が良くない中

(大根と水あめ・・)と

水あめは、
さつまいもの水あめで
ふたがみどり色の・・と

子どもの頃 家にあった
水あめを思い出し

ネットで探してみたら

またもや こちらも
FAX注文の通販でした。


わたしの欲しいものとFAX

相性が良いのかな。


じゃ、

もう一回寝て
美味しい定食の夢みます。


小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)