笑う

今日は お笑いの番組 観て
けっこう 笑ったなあ。

自分が若い時には
(テンポがスローだなあ・・)と
思っていたひとのほうが
おもしろくなってきて
頭にも入りやすくて
(この感覚の移動は なんだ?)
というくらい


自分の親が
好んでみてたのをみて
笑ってるんですから

笑ってしまう。


自分のみてた
50代のひとに
なってきてる

自分のみてた風景って
すんごいな、って
思うんですね。


それは、
目で見えるものだけではなく

そこに流れていた
みえないものから
感じ取ったものを
自分が再現してる

そうなってるな、と

若かった頃には
関心のなかったひと
そして 若い時から
お馴染みのひとをみて


わたしのお笑いの8割は
大阪なんやな~~と

あらためて実感しつつ

同じ番組観て
ようけ(たくさん)笑える

それは、まあ
かなーり
わたし的には

笑える いい感性
育ててもらったなぁ

ひとことで言うと
(得した!)と
思っているので
ありました。


小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

三日目

明け方に
月と金星と木星が
接近すると

昨夜にSNSで
見かけたので

パジャマに
コートを羽織って
見に行った。

・・月と金星は
わかるけれども

眼鏡を忘れたからか
今日は雲があるからか
木星は確認出来ず。


冬の明け方の空の
色の重なりと
つめたーい空気。


色の重なりだけを見たくても
このつめたーい空気の
なしてることと思えば

いずれかだけ とは
まいりませんのですなあ。


さて、
今日は まだ
三が日なので

も一回、
お布団に戻ります。


小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)