はげみになります

今年の日記 と 思って買った ツバメノート


手帳とは別に
気がついた時に書く
日記始めよう と
選んで買ったツバメノート

まさか ひと月前からの
からだの不調、絶不調から
記録を始めることに
なろうとは・・。(笑)


手帳は
いつどこで何をすると
先のこと 予定が中心で

過ぎた日のことは
書ききっていないので

その日 思った 感じたことを

あとで読んで分かるように
書いておくのは

からだの調子の
良くない時には
記録したくない
気持ちもあり
何を書くか
迷ったけれども


言葉で おこしてたことが

来週 更年期外来の
二度目の受診でも
役に立ちそうです。


ひと月前は
這う這うの体で
お医者さんに
行ったものだから

簡略更年期指数の
チェックシートも

どうだったかを書く時
頭の中が まとまらず
シートを書くのが
ほんとうに大変でした。

加味逍遙散を飲んで
養命酒、中将湯も
効果が出てるのか

いつから どのように と
症状が緩和されてきたと
記録を残しておくのは

これからのからだの具合に
かかせないものに
なると思いました。


あとで読み返す自分に
わかるように。


建築系の事務所に
勤めていた時は
書く、描く が
中心の仕事だったので


手書きとは
きってもきれないものを
シャーペンでノートに
書きつつ
思い出します。


手書きの良いところは
自由に線を越えて
書けるところでしょうか

ラフ~ぅ に ちょっと描く
落書きを含め・・(笑)



こちらのブログも
からだの具合が良くない日でも
キーボードぱちぱち

そして
読んでいただいていたことは

ずいぶんと
この ひと月のはげみに なりました。


いつも読みにきてくださって
ありがとうございます。


今日も一日
おつかれさまでございました。


お風呂に入って 寝ます。

おやすみなさいませ。



小谷 真澄

想い出のお菓子

昨日、久しぶりに
縄文サブレ “ のキーワードで
こちらのブログを
訪ねてくださったかたが
いらしたもよう

ありがとうございます

・・・・

実家の近くにあった
“お菓子のさどびらさん”の
銘菓 縄文サブレ

昨年に
お店を閉められたので
もう食べることは
出来ないのです



閉店の話を
友人のSNS投稿で知って
(最後に食べたいなあ・・)と

宮崎に住む父に頼んで
宅配で送ってもらい
しみじみ味わいながら
食べました。


わたし自身が 30、40代だと
(まだまだ
食べたいのになあ・・)という
思いしか湧かなかった かも
知れませんが

50歳になると

さどびらさんの
おじちゃんのお菓子
かるかん、いこもち、
高麗菓子(これがし)

三股の土地に合った
味の加減とおんなじで


お店を閉められることも
それは絶妙だった と


生意気ながらにも
そう思ってみるのでした


たくさんの想い出のある
さどびらさんのお菓子が
もう食べられないのは
さびしいけれども



小谷 真澄