想い出のお菓子

昨日、久しぶりに
縄文サブレ “ のキーワードで
こちらのブログを
訪ねてくださったかたが
いらしたもよう

ありがとうございます

・・・・

実家の近くにあった
“お菓子のさどびらさん”の
銘菓 縄文サブレ

昨年に
お店を閉められたので
もう食べることは
出来ないのです



閉店の話を
友人のSNS投稿で知って
(最後に食べたいなあ・・)と

宮崎に住む父に頼んで
宅配で送ってもらい
しみじみ味わいながら
食べました。


わたし自身が 30、40代だと
(まだまだ
食べたいのになあ・・)という
思いしか湧かなかった かも
知れませんが

50歳になると

さどびらさんの
おじちゃんのお菓子
かるかん、いこもち、
高麗菓子(これがし)

三股の土地に合った
味の加減とおんなじで


お店を閉められることも
それは絶妙だった と


生意気ながらにも
そう思ってみるのでした


たくさんの想い出のある
さどびらさんのお菓子が
もう食べられないのは
さびしいけれども



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中