目見当

今日は、
読書の時間がお昼寝と入れ替わり
やっぱり寒い一日だったんだなあ

晩ご飯は、
冷蔵庫の中にあるものに
牛肉のミンチを買ってきて

生パン粉のコロッケ
作りつつ

あたりまえのことなんだけれども

コロッケ一個分を
量って作らないのであれば

前回の感覚
目分量を覚えているうちに
作って
なれると

ちょっと はかどって
気分的に楽かな



もう20年以上前の話
建築積算の仕事は
ぱっとみて図面中の寸法が分かると
仕事が速くなる

・・・というか

毎日していることだから
1mmとか1cmとか10cmとか
そんなに大きな誤差のない範囲で
見当をつけることが出来る

10年近くしていた仕事だから
それは身についている

アナログの感覚って大事

そのためには
家事はもってこいですな、と
いいふうに言ってみる(笑)


もうちょっと
水が温んでくれるといいのになあ



・・・・・



この前テレビから
「目の子算」という言葉が聞こえて
(ああ、仕事してるとき
“目の子”って
ちょくちょく聞いたなあ)って
思い出しました


・・・・

カモミールティーが
飲みたくなったら
近くのスーパーで買える

幸せ

・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お昼も寝たけど
まだまだ寝れそう

お風呂にゆっくり入ります

おやすみなさいませ

・・・・

小谷 真澄



目の子勘定とは、一般的には、数量などを筆算など用いず、目で確かめながら計算することである。
建築業界では、目でざっと見ただけで寸法や数量を判断することを意味する。
「目の子」「目の子算」とも言われる。
(建設・設備求人データベースよりお借りいたしました)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中