おもしろい

久しぶりの まんが

久しぶりの漫画
深巳琳子さんの
ロッシとニコロのおかしな旅(1)


“およそ人の住むところ 愛まみれ、欲まみれ・・
だから旅はやめられぬ!
中世欧州ロードコメディ!”

巻末
“二人の旅はいつでも好奇に満ちている‼
旅を続ける医師・ロッシとその弟子ニコロ。
行く先々で もつれた人間関係や厄介事に巻き込まれるが、
それも旅の醍醐味なのかも⁉
そんな二人の旅はまだまだ続くのであります。”

裏表紙
“時は15世紀半ば。
医師アルベルト・ロッシと
その弟子ニコロは
フィレンツェからパリへ旅をゆく。
人間関係のもつれとか
厄介事が大好物なロッシは、
見知らぬ街から街へ、
そこに住む人間に突っ込んでゆく

裏の帯
“旅の途上、
立ち寄った街には
どこにも謎が
満ちあふれてる。
ロッシとニコロは
その謎を解く。
本巻収録の
謎を解く鍵は
・活版印刷
・楡の木
・歌
・剣術
・写本
・幽霊
・瀉血
・・・等々
さあ
ミステリアスで
ファンキーな旅へ
ご案内いたします!



・・・・・


もう中身を読んだ後に
紹介文をタイピングして

久しぶりによむ漫画で
一話一話
中世もヨーロッパも
もうちょっと
知りたくなる

そのための
キーワードを
自分の中に
拾いました


・・・・・


この前
久しぶりによんだ
文庫本も

ただ自分が読みたくて
読んでるもの
その時の気持ちに
出会いました

この漫画から
調べてみたいことが出てきた

そして
その話を出来る
友達がいるのが

うれしい



引き続き
“銀河鉄道の夜”は
お休み中ですが・・・(笑)



・・・・・・



タイガーバームで
鼻のまわりも
ちょっとすっきり



・・・・・・・



今日も一日
おつかれさまでございました

今日の夕方、
ちょっとだけ
日が長くなってきたと
感じました



お風呂に入って 寝まーす

おやすみなさいませ



小谷 真澄



おもしろ・し
「面おも白し」で、目の前がぱっと明るくなる感じを表すのが原義といわれる

①楽しい。愉快だ。
②興味をそそる。興味深い。
③こっけいだ。おかしい。
④多く、打ち消しの語を伴う)心にかなう。好ましい。望ましい。
⑤景色などが明るく広々とした感じで、気分がはればれとするようだ。
明るく目が覚めるようだ。
⑥心をひかれる。趣が深い。風流だ。
〔類義の語に「おかしい」があるが、「おかしい」は格好・表情・しぐさ・話し方などが普通と違っていて、笑いたくなる意を表す。それに対して「おもしろい」は対象が普通の基準から見ると新鮮・奇抜で変化に富んでいて、興味をそそる意を表す〕

こちらのページより一部をお借りいたしました
https://kotobank.jp/word/%E9%9D%A2%E7%99%BD%E3%81%84-454803

ちょうどいい

過ごしかた

誕生日のある季節なのに
なぜかずっと苦手だった
寒い冬

おこもり と
好きなときに寝て
(この過ごしかたなら大丈夫)と

からだの力が ちょうどよい歳

生まれた頃の
まわりのみつきを
静かに過ごすのがよい、と
そう過ごせたこの冬

あともうちょっと
静かにしておこう・・



・・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄