なぜ ほんを よむの か な

もうすぐ6歳になる親戚の子が
なぜかお母さんの
パソコン用のめがねをかけて

谷川俊太郎さんの
「せんはうたう」を
読んでいる動画が送られてきました

“ し あ わ せ っ て ・・・・”

というふうに
ひと文字ひと文字
たどるように読む姿をみていると

お母さんお父さんをなさったかたは
忙しい毎日だった、という最中のことを
思い出されるかも知れませんが

親の経験のないわたしにしますと
ばあちゃんの目とも違う

ただかわいいだけのひとにみえる

親戚のおばさんの視線でみています


この立場はかなり
ぜいたくと言えば
ぜいたくなんでしょうね

50歳になって
親戚に小さい子供がいるというのは

まあ かわいいですし
恵まれているし
たのしませてもらっているなあと
思います

通信機器がよくなって
いい使い道があって
それもうれしい



おばさんの
“銀河鉄道の夜”の読書は
とまったままだ・・

お昼の有効な
睡眠時間に充てられています(笑)

・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

今日は もうお風呂に入りました

あとは寝るだけ

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中