目の前に 文庫本

最近 電車移動中には
スマートフォンの代わりの
“村上春樹、河合隼雄に
会いに行く”の文庫本一冊

なにか ふと
テーマが決まって

気になることがあれば
ネットで調べてたり
図書館で本を借りたり

検索のシステムが
使いやすくなったのは10年ほど前

図書館を自分のペースで
使えるようになったのは
これも10年ほど前

新しい情報と
昔に いわれていたこと
あちらとこちらをみる習慣が
あることで

この文庫本の内容の浸透度
わたしの頭へのしみこみ具合が
全くが違う



最近 本に浸る時間が
持てるようになり

実家でごろ寝で
だらだら読んでた

大好きな時間が
戻ってきた

そんな気がします



先(将来)のこと、
気にはしてるけど

読みたい本がある、あの頃に



・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中