やっぱり すっきり

昨日から読み始めた
筒井康隆さんの
“悪夢の真相”
読み終わりました

良かったー!

五歳の弟がトイレに行けない原因や
主人公 昌子が
高所恐怖症を克服するために
とけい塔に登るところなどは

ちょっと どきどき
・・・というより
びくびくしながら
読んでいましたが

話の結末はすっきり

読んで良かったー!っていう
小説でした

心理学についても
軽く触れてあり

言葉でもって
頭の中に怖いものを思い浮かべて
それがどんどん膨らむと怖い

そのケースが解りやすく

主人公の弟の五歳の子が
怖がっていたものは
わたしにも似たようなことが
あったかも・・・ と 思える
小説でした



登場人物の台詞
「 」の中は
標準語で書かれているけど

筒井康隆さんが
大阪のひとだからかな~~
勝手に ひいき目で
会話が生き生きとしている
そんな気がして
わたしには 読みやすい

同じ文字でも
小説は読み終えると
やっぱり すっきり だな~

もちろん今日の小説が
わたしの好きな結末
それ以上だったから だけど



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂に入って
涼んでから
ゆっくりやすみまーす

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中