観たいものとの めぐり逢い

今日は
インセプションのDVDの鑑賞

・・・・・
鬼才クリストファー・ノーランが国際色豊かなキャストを率いて、世界各地、さらに夢の中へと観る者を誘うSFアクション大作。ドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人の心が無防備な状態、つまり夢を見ている間に潜在意識から貴重な秘密を盗み出すスペシャリスト。その特異な才能は産業スパイが暗躍する世界で重宝される一方、そのために彼は最愛のものを奪われ、国際指名手配されてしまう。そんな彼に失った人生を取り戻すチャンスが。そのためには「インセプション」と呼ばれる、アイデアを盗むのとは逆に相手の心に”植え付ける”、およそ不可能とされる任務を成功させる必要があった。もしコブと仲間たちが成し遂げたなら、それは完全犯罪を意味する。だがいかに綿密に計画し、様々な特殊能力があったとしても、行動がすべて相手に読まれていては太刀打ちできない。そんな強敵が現れる予感を、コブだけが感じ取っていた。(DVDのあらすじより)
・・・・




テレビでも洋画と呼ばれるものを
自分の記憶の中では
マトリックス以来 観ていない

・・・と言いつつ

インド映画の”きっとうまくいく”は
4回観に行ったので

洋画のCGに酔うから
無意識に
敬遠していたのかも知れないのですが

公開から10年近く経った今
どうしても
今観たくなったSF映画

わたし好みでかなり良かった
今後も何回か観る

・夢の中に設置する迷宮を設計
・トーテムというアイテム

こういう設定に はまった(笑)

(わたしもお守りに
トーテム持とうかな~~)って
思ってみたり

この映画の世界観 かなり好き



・・・



アイテムで思い出した

子どもの頃観ていた漫画
ひみつのアッコちゃんのコンパクトより
ジムボタン のボタンのほうが
欲しかったんだよな~

この間6歳児男児と UNOをしてて
(一応3歳児も!)
(こういうゲームは
やっぱりおもしろいよな~)
なーんて思ってました

傾向というか
遊びにも好みっていうのが
あるんだろうね
(すんごくあたり前のことを言ってる(笑))



・・・・



ジムボタンのこと調べつつ
ミヒャエル・エンデ
“ジム・ボタンの冒険”がベースって知って

ながーい間 読もう読もうと思ってる
“モモ”

いつになったら読めるのか・・



今読んでるのは
筒井康隆さんのパプリカですが

おそらく当分は
筒井さんの作品か
今日みたインセプションの関連から
読みたくなったものに
なるでしょうねぇ・・

今週 それ以外に
2冊+1冊 本が届く予定・・・


INCEPTION

DVDデッキが こわれているから
パソコンのちっちゃい画面で
何回か休憩を入れながらみた

・・・・・



今日も一日
おつかれさまでございました

今日は天気予報とは別
晴れ間の多い良い日でした

お風呂に入って寝まーす

インセプションに 影響されず
すかっとした風景の夢がみれるといいな



おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中