印刷されている文字

今日 注文していた
浅生鴨さんの本が届いた

雑文御免 – asokamo 【内容紹介】
「文学フリマ」用に、これまでに雑誌、ネットメディア、SNSなど各所で書いてきたエッセイ、ダジャレ、インチキ格言、短編小説、回文などに加えて、エッセイ集『どこでもない場所』に収録されなかった掌編や某公式アカウント時代に書かれた「ノート」まで収録した、おそらく最初で最後の無選別雑文集。

うっかり失敬 – asokamo 【内容紹介】
「文学フリマ」用に、これまでに雑誌、ネットメディア、SNSなど各所で書いてきたエッセイ、ダジャレ、インチキ格言、短編小説、回文などに加えて、エッセイ集『どこでもない場所』に収録されなかった掌編も収録した言葉の断片・無選別の雑文集。第一弾の『雑文御免』だけでは全く収まりきらず、しかたなくの第二弾。

【著者について】
浅生 鴨(あそう・かも)
作家、企画者。1971 年、神戸市生まれ。たいていのことは苦手。著書『アグニオン』(新潮社)、『猫たちの色メガネ』(角川書店)、『伴走者』(講談社)、『どこでもない場所』(左右社)他

浅生鴨さんのホームページ
http://www.asokamo.com/

・・・・・

(読みたいな~~)と
思っている本を
ずばーんと飛び越えて
ささっと注文をしたのは

この機会に
手に入れておかないと

“ネコノス文庫”の出版で
次の重版が
いつかわからないから・・

・・・

つい最近たまたま
(読みたい!)って思った
“どらン猫小鉄”という漫画の存在を
知ったのですが
(※『じゃりン子チエ』の
主人公・竹本チエの
飼い猫「小鉄」を主人公にした
スピンオフ作品。)

シリーズの1巻だけは
古本屋さんにしかないらしく

(そういうこともある・・
本は欲しい時に!)と
思ってた時 出た本だったので

今回 浅生鴨さんの本は
ささっと
自分の手元に、と
買うことを決めたのでした

・・・・

ネットで横書きで読んでいるものも
縦で読めて
紙に印刷されている文字は
やっぱりいい・・

・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

ごはん食べて
あと片付けしてたら
蒸し暑くなってきたので
お風呂に入って
汗もさっぱり

後は寝るだけ

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中