読み終わった、

筒井康隆さんの小説
パプリカの第一部 読み終わり

パプリカは平成五年に刊行
その紹介文は・・
ヒロインは他人の夢に侵入できる夢探偵パプリカ。究極の精神医療マシンの争奪戦は夢と現実の境界を壊し、世界は未体験ゾーンに!



“パプリカ”の”第一部”を読み終わって
久しぶりに長い目の小説の第一部を
読み終えて

第一部の終わりが
バチッと決まったその感触に浸り

最近読んだ
同じく筒井さんの文庫本の
“創作の極意と掟”の”破綻”の章を
全く逆の意味で思い出し
ページをめくると

(さすが!破綻のかけらもない)と
非常にすっきりとした読み終わりで

第二部 いつから 読み始めようか と
思いながらも

パプリカ読んでる中でも
まだまだ読みたい
筒井さんの作品を思い出し

今年の夏は 基本
クーラーのきいた部屋で
読書三昧でいけるな、と



・・・・



今日は天気が良くて
いつもと違うことが出来そうな
気にもなって

友人が勧めてくれた
筒井さんの本を
買いに行こうかな~って
思ったりもしたのだけれども

まずはパプリカ第一部
読み終えて良かった



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂に入って 寝まーす

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中