手元に文庫本

今日は午後から
神戸の元町に行くことになって
(電車で読む本、
何にしようかな~)と
銀色夏生さんのエッセイと
もし空いていて座れたら
村上春樹さんの1Q84の続きと
文庫本2冊 持って出かけた

座席はほぼ埋まっているけど
立ってるひとはない電車の中で
良いペースで読めたので
続きのBOOK1(後編)を
今日のうちに買うことに

ポイントのためてる
大阪 梅田の書店の
神戸店に行こうと思ってる時

急に雨が降ってきて
傘持ってるひとと
傘持ってなくて
濡れないところに
急ぐひとと
歩いているうちに

慣れない神戸の書店を
探しながら向かうより
元町駅もそこだし
電車に乗って
梅田の書店に行こうと決めた

その元町から梅田に向かう
電車の中でも1Q84
良いペースで読めて

外で小説の続き読むのは
つらいかな、と
エッセイも持ってきたけど
1冊目の後半になって
このお話に少し慣れてきた

書店のレジで
1Q84のBOOK1(後編)を出すと
「こちらでお間違いないですか?」と
確認があったので
「はい、大丈夫です」と返事して
(そーなんよ
何回も何回もみたでぇ~
持ってるのを買ったことあるから)
と 心の中で


新しい本と思って
買って帰って
家帰って持ってたのに
気がついてガクッとしたこと
何回もある

なんかっちゃぁ書店って
しょっちゅう通ってた頃ほど
こういうのよく やってたなあ

本 読みすぎてて
忘れていったんだろうなあ

・・・

そして今日も
1冊では すまなかった(笑)

図書館で借りた時
なんども読み返したいから
いつか手元にと思ってた
河合隼雄さんの
“影の現象学” も 購入

・・・・・

光のある文字は
極力パソコンに集約して
手元で読む文字は
印刷された文字に
移行するのには

自分ちの文庫本が
目に一番 良さそうだから

・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

今日はもう
お風呂に入ったので
あとは寝るだけ

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中