ずーっと ずっと たどっていく

先日読んだり観たりした
筒井康隆氏のパプリカや
映画のインセプションも
夢を使って何かをするというお話で

これは 自分で 意識して
読んだり観たりしたものだったけど

今 読んでる1Q84にも
“夢を通じて~~”というような部分が
今日出てきて

多分 ついこの前も
同じようなことあって

本と本とか

検索の外で

同じようなものが集まってくるのは
自然だし

ずいぶん元のかたちに戻れた気がする



長編小説読むって

順番があって
時間が掛かって

稲作のよう・・っていうと
まあ また 多分
全然違うんだろうけども

・・・

小説の世界を進めるのには
自分の時間を使って
ずーっと ずっと
文字を たどっていく

今 わたしが 読んでいる 1Q84
この小説は “長編小説”は
読むのに時間がかかる

でも その 長編の良さが
わかってきた

触れている時間が長いことで
何かを育てているような感覚がある

自分の感性なのか
自分の中の小説の世界なのか
そういう感じのもの



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

今日は久しぶりに
きれいな三日月をみて

前に 宮崎に帰っている時にみた
地球照を思い出しました

知らない言葉も
調べると出てくるのも
この時代の
ありがたいところ・・

・・・

では お風呂に入って
ゆっくり寝ます

おやすみなさいませ



小谷 真澄

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中