ひとつずつ

今日はクリニックの前の
たのしみの喫茶店と

クリニックでは
前回からの今回までの間の
からだの調子のことを
先生にお伝えして
すっきりし 安心し

そしてもう一軒の
ミックスジュースの
モーニングのある喫茶店に
行って

今月は二回目の
むかし住んでた町めぐりを
完了


・・・・

帰りに梅田の家電量販店で
DVDプレーヤーを
チェックして

(もう一軒、アロマとクレイも
みに行こうかな~)と 思ったけど

今日は たのしみなものが
家に届くので
寄らずに帰ることに

・・・・・

家に届いていたのは
CDとDVD

CDは小田和正さんのソロで
初めて聴くのですが

DVDは
オフコース武道館コンサート
1982・6・30 で

何度も何度も聴いた曲に
オフコースメンバーの姿が
あるものですから

なんというんでしょうか・・

その頃の自分の想いで
気がついていなかったものが
あるような気がして

想い出なのか 思い入れなのか
その ひとつずつを 出せるよう

慣れるまで
ちょっとずつ 聴こうかなと
思っています




小説とは違って

映像は目を開いたら
飛び込んできますから

味わう間もなく
直接反応するものがあるのか
きゅぅ~~~っとなるので

ちびりちびりやります・・(笑)

夜は しんみりするので みない

こんなような繊細なことを
もし友人が言ったら
冷やかすかも なのに

(わたしにも
こういうデリケートな感覚が
あるんやな~~)って
今頃 感心しています


年齢による からだの都合で
図太くさせていただいてる
半面なので

バランスがたいへん・・(笑)



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂も入ったし 寝ます

おやすみなさいませ



小谷 真澄

そういう時期

さて、今日は・・
むかし住んでた町の
クリニックに向かう日

・・・

昨日のように
(雨が降ってるけど
出かけよう・・)と
突然 気が向いた時に

それについて行けるだけの
からだの調子には
なってきた感じ

冬とか夏とかは
全く無理しなかった
ですもんね



・・・



高校に入って
先輩に貸してもらったりしながら

ほかのアーティストの曲や
洋楽を聴くようになって

オフコースだけへの関心では
なくなった頃から

わたしの中では
中学校の時に
憧れていたままのところで
とまっていた
記憶のようなものが

図書館で借りてきた
2005年発行の
小田和正さんの
インタビューの本を読んで

わたしの中にあった
オフコースの印象が変わって

なんだけれども

木に例えると・・

その時 みた
葉っぱや花が
印象になり 残るけど
真ん中にある
幹の部分は
(そんなに)
変わらないっていう

そういう例えが
この本を読んで
(ほんまに そうかも)と
思えて

好きなものは大事

だけれども

そちらばかりを
みるのではなく

(さて・・・
自分の真ん中って
なんだろな~)と

少しは見つめても
いいのかな~、
そういう頃なのかもな~、とも
思いました

その時の自分を発揮
(または表現出来る)
形態とか期間とか・・



・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄