本を大切に

ふだん 図書館では
タイトルで気になったものを
予約して本を借りてる

この前 返却と貸出をすませた後
めずらしく
(ちょっと なかを みていこう)と
書棚の背表紙を眺めて
ずらっと並んだ本の中から
雰囲気、装幀で選んだ 気になる本
何冊も何冊も なかをみて

荒俣 宏さんのを一冊
吉本ばななさんのを一冊
借りてきた

タイトルで選ぶと
知りたい答えを探して読む
そんなところがあるけど

装幀で選ぶと
(へぇーっ、そうなんだ!)って思う
全く知らなかったところから
飛び込んでくるような読書で
それも たのしい

荒俣 宏さんの本の中でも
本の「存在感」について書かれていて
まさに そんな感じで 選べた気がする



存在感があるからこそ
図書館を有効に使わせていただこう

本を大切に



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂も入ったし 寝ます

おやすみなさいませ

好きだったもの

中学、高校の時に
好きだったもの振り返り

あの頃の印象で
とまっていたものが
動いた

5年前
なつかしい顔見て
動いたものと同じ

何かが 開いた



あの頃 好きだったもの

もう一度みれて 良かった



・・


さて、今日は
なにしようかな


・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ