いい夢みれるよう、

さて 本日も目標 就寝22時

昨日読んでた本の続きを読むかな
・・って思っていたのですが

1993年10月 アメリカのゴルフツアーで
青木功さんのキャディを務めた時のことを
小田和正さん自身が書いた本を
ぱらぱらっと めくると
” 体感ゴルフエッセイ “とある通り
青木さん小田さん
そして周囲のひとの様子を
文章をたどっていくと
なんとなーくは
頭の中に 浮かべることができて
よどむことのない流れで
いっきに読み終えることが出来た


ゴルフ漫画『風の大地』も 読んでいたし
コースも何度かまわったことがあるので
ゴルフ用語には そんなにも 困らず




・・・



小田さんが書いた
” キャディ ” と ” Time can’t wait “
たいへん良い本なんですが
わたしの説明では
その良さが伝わらないので

大阪市立図書館が紹介している
あらすじ、目次を
ブログの最後に載せましたので
もし ご興味おありでしたら
ごらんくださいませ



・・・・・・・



今日も一日
おつかれさまでございました

今日はどんな夢見るかな・・
いい夢みれるよう、22時就寝



おやすみなさいませ



・・・・・・・

キャディ 小田和正 / 著 1996.9

あらすじ
ロサンゼルスのランチョパークGC18番ホールに「AOKI!AOKI」の大歓声がこだました。全米シニア・ツアー公式戦二日目、青木功が8アンダーで一気に首位の座に躍り出た。その試合でキャディを務めたのは、アーティストの小田和正であった。互いに心通わす感動と興奮の体感ゴルフエッセイ。

目次
何度かの出会い
アルバの陰謀
ちょうど、その頃
アメリカへ
サクラメントの夕焼け
懐かしのランチョパークGC
TV初出演
ISAO AOKI FROM TOKYO JAPAN!
歩いていいですか?
深夜の不安
僕たちの快進撃
勝ち負けのゲーム
チエさんに感謝
また一緒にやろう


・・・・・・
文庫本出版時の あとがき(一部)
“言葉や写真やテレビで見るゴルフとは違う。思考、気力、汗、身体、音、風、すべてのことが一緒になったものだ。練習場で打つ一打では決してない。ストーリーも展開してゆく一打。いつかそれが、もっと大きなかたちで僕のところへ戻って来るかもしれない。”

・・・・・・


・・・・・・

Time can’t wait 小田 和正 / 著 1990.12

あらすじ
オフコース解散後、ソロとして多彩な活動を展開するARTIST小田和正、初のエッセー集。

目次

台の上
タンバリン
THE SAME MOON
あなたの作品は?
僕の中国旅行
夏の終り
心のスクリーン
期待に胸はふくまらない
僕の欧州旅行
僕の選んだひとたち
誇り高く生きる
僕の挫折

「あのひとも行ってしまう」
監督・脚本・音楽・主演小田和正
カズちゃん
二月二日
キャンプ
保土ケ谷球場
バイオリンは止めてしまったけれど

ふにゃふにゃ

図書館で借りてきた
いずれは手元に置きたいと
思った本のことを
ウェブで検索していて

気がついたら この本をみてた
・・・・・

ほぼ日刊イトイ新聞の謎。


・・・・・

そして気がついたら このページをみてた

・・・・・

いつもさみしい問題。


・・・・・

『いつもさみしい問題。』
https://www.1101.com/samishii/2004-08-19.html

・・・・・・


・・・・・・

(脱線してるな~~)で思い出した

「底抜け脱線ゲーム」を検索したら
当時の映像が観れた

名前だけは知っていて
その番組を観た記憶は
全くなかった



今日も ふにゃふにゃ 脱線中

夢の話

眠っている時にみた
夢の話

体操の吊り輪にぶら下がって
懸垂を練習しているうちに
脚前挙、十字懸垂、脚前挙十字懸垂が
出来るようになった

そんな夢

眠ってる時にみた夢の話を
ひとにすると
正夢にならないっていうから


正夢にならなくても
いいところだけ・・(笑)



こころなしか 筋肉痛・・
テレビ体操しよう



・・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ