いつもながらの

返却日が一番近づいているので

図書館で借りてきた本
『YES‐NO―小田和正ヒストリー』を
(小貫 信昭 著)
昨日の続きで読む


文章の中に
弁証法的、帰納法的、演繹的 という
単語が出てきてて

小田さんの本を読んでる時に
出てきたものですから
今まではその都度調べたり
流してきてた この言葉の意味も
そろそろ もうちょっと
しっかり わかっておこうかな・・

・・・

小田さんのアルバムの話の中で
井伏鱒二の『山椒魚』が出てきて

この前まで 借りてて
中身を読む時間がなかった
社会関係資本の本にも
井伏鱒二の『掛け持ち』が出てきてて

今の時代ですから
その話の”あらすじ”は
簡単にみれるけど
それは
今のわたしには
ちょっと合わない

・・・と思ってる間に

読みたい本は
どんどんたまる・・・(笑)

ノート取りながら
せっせと読むか・・という

いつもながらの
ぜいたくな悩み



・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました


お風呂に入ったり
なんやかんやして
22時までには寝る予定



おやすみなさいませ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中