どんどん 曖昧に

 今日もいつもと同じく 動画で一時間ほど勉強をする。

 その関連から読んだ本と それとは別に 民俗的な楽器のことで 調べた場所が一致して、そこは 大阪の泉州、わたしの生まれた場所から近いし 今住んでいる場所からも日帰りで行けるので いずれは 訪ねて行きたいと 今は思っている。
 生まれた場所からは一年で引っ越しをして(なので覚えていない)小学校五年で九州に転校して その場所とは別の中学校に入学して 高校を卒業して大阪に戻って来て(その後も 引っ越しは何度かする)
 なので(ずっとここで生活してたら どんなふうだっただろう)と 思いをめぐらせることがあったけど、日々 同じ話を繰り返せるひとが周りにいないので 離れた場所での記憶はどんどん曖昧になっていく。
 その割には 昨日の映画のような 子どもの頃に苦手だったものは 感覚的に思い出せるから、不思議。
 もちろん そういうのですら 忘れてる時もあるけれど。

 今日は寒いので 布団の中で もうちょっと本を読みます。

・・・・・

 今日も一日おつかれさまでございました。

感覚の中の

 昨日 テレビで観た 昭和25年の映画の感想をネットでみてた。
 あの映画自体を子供の頃にテレビで観たのかどうかは覚えてないけれど、視覚、聴覚でとらえるものの 好ききらいの素は あの映画の中にあった。
 原作とされてる小説だったら 読めるかな。
 しっかり観れないのだけど、ネットで感想を読んでいい作品であるということと、わたしが視覚、聴覚でとらえるものの 得手不得手も わかった。
 手法、そういう感じの。

・・・・・・

 今日もよい一日をお過ごしくださいませ。