20200612

 わたし自身が、同世代以上のひとの話で、熱心に聞きたくなるケースのひとつに、十代で 親元を離れ 自分で生計を立て 暮し始めたひとの話 というのがある。
 それは、自分がそうして来たから、そのひとはどんな感じだったんだろうことの興味。
 この辺の経験をしているひとの話と、そうでないのとで ぐーんと 印象が違って ざっくりすぎるざっくりだけれども、世界が違うという 感じ。
 わたしが聞いても、あんまりぴんと来ないのは、大学受験にまつわる話。
 それは、単純に 自分に近いところに その世界がなかったから。 ほんとに、その辺の話は 想像しか出来なくて、というより 想像すらあまり出来なくて、(へーっ)な感じ。
 今、毎朝 観ている動画の講師の、18歳で、郷里を離れての話の時は、わたしの経験と 違うというのは 当たり前でも、その話が出てくるだけで、ちょっとだけ 親しみが出てくる。
20200612