20200628

 70年代、80年代のものを 再生していると あっという間に 時間が過ぎる。
 中学高校の頃なら 曲を聴いたり 映像を観るために 必要だったものが ネットに つながってさえいれば 聴ける 観れる。なので 気がついたら 次々に観てる。
 なつかしいものを 思い出した時にみることが出来るのは すごいことだなあ、と思いながらも そういうのに 慣れてきてしまった気もする。
 10年くらい前は、海外のステップエクササイズの動画を観て よろこんだりしてて、今とは 観るものが変わったなあ とも 思ったり。
 図書館で借りた本が 読めなくなってるのに 最近 また 何冊か本を買ったので それは また 来月 ぱらっとめくる。
 同じ本でも 再生する側、読む側が どんなひとかで 頭の中に描けるもの、感じること、感想が違う。
 今年は また 本を買うのは 書店じゃなくて 通販に戻ったけど、去年に 書店で買うようにした その時の こつは 生きている と 思う。
 新本で手に入る「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」を選ぶ時に どの年代に 訳されたものかを じっくりみて 40年ほど前 子供の頃に読んだものと かけ離れて なさそうなものを 選んだ。
 最近は はっきりと食べたいなあと思うものがなく ごはんを作るのに ちょっと 苦戦。
 片付けが終わって ひとりで お茶を飲める時や、お風呂が 一番 落ち着く。
20200628