20200802

 今日は 大相撲 千秋楽。
 テレビで観戦をしながら、動画サイトの 親方ちゃんねる生配信も 観てた。今場所 優勝した力士は 序二段まで番付を下げての復活優勝だったので 動画の中の親方たちの表情をみると みんな少し 自分のことのように 喜んでいるように見えた。同じ世界 勝ち抜いていくことが厳しいことを知っているひとたちの言葉が すぐにその場所で聴けるのは、相撲というものへの興味が少しまた近づいて来るような気がする。
 親方たち、相撲を 生で観戦してもらえるようになったら良いなあ、と言っていて、それは テレビでは 退屈に感じる 取り組みと取り組みの間(ま)が 生で観ると退屈には 感じない と いう 感想を聞く、なので、一度は生で観てもらいたい、味わってもらいたい、と 言っていた。
 わたしも何度か 大相撲を観に行ったことが あって、やっぱり その場に行ってみると そこでしか聞こえない音、そして 匂いがする。画面に映っているところが気になるなら 一度は行く、そうすると、また画面を観た時 どういう空間だったか 思い出すことが出来るから。(年齢により 忘れているものも たくさんあるけれども。)
 たまたま ボクシング観戦で 二回行ったことのある 後楽園ホールは 帰りに階段を降りていくときの 壁が とても歴史を感じる場所だった。
 今は どんなことでも 体力がついて行かないので 保留にしてるけれど、行ける時に行っておいたっていうのは、そうとう良かった って 思ってる。
 
 これから少しの間 優勝した力士の 語ってくれる話を たのしみに注目している。
20200802