20200806

 今日は返却期限の資料があったので、図書館に行った。
 昼ごはんの片付けをした後の日差しの強い時間に 建物の影が ほとんどない中 太陽の方向にむかって歩く。何日かぶりに外を歩くので 思ったよりも すぐにつかれて ついでに寄れたらと 思っていた郵便局には向かわず、目的の図書館との往復で 帰ってきた。
 歩いている時 なんか痛い と 思っていた 左足の親指の皮がほんの少し めくれていて 下駄にささくれたものもないのに なあ、と 軟膏を塗り ラップをした。
 はだしで 下駄を履いただけで 足の親指の裏の皮に 傷がいくとも 考えたこともなかったけれど、からだの中のいろんなところが 今までとは 違うんだなあという感じ。そう言えば、足の小指も むかしにみていた おばちゃんみたいになってる気がする。小指が外側に向いてきたというか。
20200806