20200906

 最近 よく聴いているミュージシャンの名前から、前みた 夢のことを思い出し 記録しているノートをめくる。おおよそ 夏至の頃、と 見当をつけ 何冊かノートをめくる。
 それは 夏至の前の満月の夜にみた夢、第三の目を くちばしでつつこうと はちどりが 目の前の空中で羽ばたいている そんな夢。
 関連つくことで思い浮かぶのは、形から 南十字星、インドの神様ナーギィ、はち を 漢字で書いた時のつくり “夆” と その意味。
20200906