20201007

 昨日、着物の関係で お世話になっているかたから 久しぶりにメッセージをいただき、その時 今 わたしが はまっているミュージシャンの話をして、こういう話の相手をしてもらえるひととのお付き合いが わたしは少なく 基本的に なくてもいい と 思っているから、少ないのだけど、昨日 そのかたと話して 新鮮味があって 気分が えらく 変わってしまった。
 今まで 読んだことのなかった 大島弓子さんの漫画を読んでみて 思ったことの気持ちに少し似てる。
 自分に ないとおもっていたものが、あったような。
 昨日の夜にみた夢で、印象に残ったのは、パイプ。作家さん(と設定された)女性が 机に向かい パイプを手に持っていた。そのパイプのボウルというらしい 葉を詰める部分が 全体の形状の比率からすると大きくて、(まるで、ワンポイントのパイプみたいだなあ)と思っている、そんな夢。
 夢の話終り

 みた夢から、パイプの葉を詰める部位の名称を知りたくて、”パイプ” “部位” とすると、知りたいことがわかる。わたしが ふと思う、そのことに関しての情報があるところというのは、 html形式 のところが多くて 多分 年齢的にも 歳が上のかたからの知識だろう と 思う。
 歳が上のかたへの あこがれ は、自分の中の 傾向として 変わっていないもの かも 知れない。

20201007