20200924

 夜中に 目が覚めて しばらく スマホを さわってた。あまりないことなのだけど 昨夜は 家族も 起きてしまった。いつも 夜に目が覚めた後は、家族のいびきを頼りに 寝なおしている。昨夜は 家族も目が覚め いびきがなくて しばらく時間が かかりそうだった。
 布団で じっとしていると 蒸し暑く感じてきたので 空気を冷ますのに 家族に声をかけて 10分ほど クーラーを 入れた。
 昼も ネットスーパーの注文を受け取る時に いつもと同じ ノースリーブの ワンピースで出たら 配達のひとが 少し 不思議そうな顔をしていた。
 暑い寒いが 周りと ずれてる 感覚。
 スポーツクラブのメンバーさんで 自分好みに空調をさわるひとや お風呂上りに 扇風機の前から動かないひとが いたけど、そういう時は こういうふうに 感じているわけか、と 少しだけは 理解をした。
 今も ノースリーブで 少しだけクーラーを入れている。自分の周りの調節を 自分好みに出来るように しておいて 良かった と 思う。
 今日は 図書館で借りた本の続きを読んで 昼寝して ゆっくりお風呂に入って 寝る、予定。

 昨日の夜にみた夢
 白を基調にしたテレビのセットのような場所。ピンクの立方体の箱がある。夫と誰かの車の運転の話をしてる。このひと と このひと だったら こっちのほうが 上手とか。
 夢の話 終

 いつもみる夢と違って、色が白だとか ピンクだとか。フィルターの色が違った。

20200924

20200923

 昨日は マンガ を 引っ張り出してきて 読んだ。わたしが おもしろい と思っていた マンガ も 今だと 違うところもあるだろうけど、自分が おもしろい と感じるものでないと これからの季節には 向かないと思って。古くても、かまわない。
 7月は雨で 8月は暑さ で つかれてる。何か 出来そうになった 今も つかれてる と 気がついた。
 一昨年前まで たのしかったことは 今は そうでもないのに さらに その前の ただ読んでた マンガで 笑うことのほうが この季節は 良いのかも知れない。
 秋分の日が過ぎた。くせにならない程度に 甘いものを食べよう。

 昨日 寝る前に みた 夢
 天神机に向かって正座して筆を持ってる。墨で書かれた 経文のような巻物に 何かを書き足している。経文は先生が書いたもの、わたしは そこに 注釈をつけている。複製ではない原本だから 書き間違えのないように 慎重に。
 寝る前の夢、終わり

 昨日の夜にみた夢
 漁で暮らしている町の小屋にいる。いろんな色のビニールコートの針金のハンガーがある。濡れたタオルを見つけ(ここに 置かないで欲しいんだけど・・)と思っている。丸まったおしぼりタオルも 畳の上に 二、三個 ころがっている。
 昨日の夜にみた夢、終わり

20200923

20200922(2)

 図書館で借りた小説に、待ち合わせ場所のことが書いてあった。東京駅の銀の鈴。そう言えば と 思い出したのが 今は もうない 大阪駅の噴水小僧。
 以前は 父と一緒に 車に乗っている時に、「むかしは この辺は 何々だった・・」と 今はないもののことをいうのが よく理解できなかったけれど、頻繁に通っていた頃の 景色や目印は、なかなか 記憶しなおせない のかも 知れない。
 その歳にならないと わからないことは まだまだありそうだ、と 思う。

 スポーツクラブに通っている頃に、わたしよりも10も20も年上の方々が 元気にレッスンを受けているのをみてたので、わたしも そちらに行くのかな、と思っていたけど、どうやら 質が違ったみたい。けれど、その時に つけた体力 と レッスン方法 で 今 このくらい(の体力)を 維持できているので ちょうど 自分に合ってるところで 終わったんだ とも 思う。

 急に 涼しい。空もきれい。風邪も だけれど ほんと いろいろ 気を つけよう。
 どんよりした日は 無理に上げず そのままの ブログを 書いてしまうと 思うけど。

20200922(2)

20200922

 昨日の夜、気に入ってるDJさんの 動画チャンネルでのライブ配信を聴いていた。80年代ディスコの音楽。実際に ディスコに行ったのは、ほんの数回だけれども、ユーロビート、Hi-NRGのカセットテープ、CDを好んで聴いていたので、この頃に よく聴いた 音 を聴くと 今 何をしているかも知らない 高校の時に 一緒に遊んでいた 友人たちを思い出す。
 その中のひとりは わたしと同じで 高校卒業後 九州から 関西に出てきてたので 休みの日に わたしが 彼女の家に遊びに行ったりしていたのだけど、お互いに引っ越しとかをしているうちに連絡が取れなくなってしまった。それから 何十年も経って SNSで連絡を取れるようになった友人たちから、彼女のことを 訊かれるたびに(どうしているのかなあ)と思ったり、中学卒業30年目の同窓会で、いろんなひとと連絡が取れるようになったから、彼女へも つながるかな、と 思っていたけど、それから 何年も経っても わからない まま。
 彼女のことと 同じように いろんなところで 親しかったひとの 全く連絡先が わからないままのことを 何か方法があるんじゃないかと思っていたけど、去年に あきらめがついた 感触がある。久しぶりに会えたとしても 会話に困る、または「わあ~、なつかしいねえ・・」という ひと言が 出て来ない気もして。
 多分 一昨年 体力が がたっと 落ちたから だとも 思う。何か するより とにかく 家で寝ていたい。

 週間天気で 今日も晴れの予報だったから、(さくっと、どこか・・)と思っていたけど、昨日 夕方のニュースをみて、各地の人出をみて あっさり あきらめた。
 近所くらいは 散歩する かな。

昨日の夜の夢
 わたしは 踊る人。衣裳を仕立てるひとに、採寸をしてもらっている。裾の長い男性用のクリーム色にも近い ごく薄い黄色のシャツ。カフスについて 話し合っている。
夢の話終り

 気がつけば、秋分の日の今日。

20200922

20200921

 昨日 写真家さんがシェアしていた音楽がすてきだったので そのバンドの演奏動画を観てみた。シンセサイザーの 赤、黄、緑ののスライダー、子供の頃 習っていた エレクトーンと一緒だ、と、最近 少し 鍵盤楽器が 気には なってる。
 過去の何回かの買いものの失敗を踏まえ、スポーツクラブのレッスンのように 練習する時間を持つのかどうかに掛かってる、と、”もの化” するのは 保留にしてる。音楽プレーヤーも気にしているけど、”今年”を考えると、出すのは 先で よいと 思える。
 去年は せっせと 中学校の頃に好きだったグループのハイレゾCD集めたけれど、ソフトとハードは違う。練習する、ふれる時間を持つのかに掛かる、その辺りを 考えられるくらいに なったのかなあ とも 思う。
 忘れたのなら その熱量は そのぐらいのもの。

 昨日みた夢
 高校の時の同じクラスのひとをみて、(誕生月が6月、双子座、蟹座、どっちだろうなあ)と思ってる。
 昨日の夢 終わり

 おとついの夢も思い出した。けれども、もう文章にはしづらくなった。

20200921

20200920

 おとついは 観てたドラマの最終回、そして、昨日 新しく始まったドラマが、わたしにとっては みょうにおもしろくて、どの要素で おもしろいと感じのかと 少しだけ 考えてみた。まずは、名前を知っている俳優さんが多い。そして 子供の頃から みてたひとがいて 瞳と瞳の間隔をみて(ああ、あのひとだ)と 思っただけで ドラマに入っていきやすい。テレビ画面に映っているものも 全体に どことなく なつかしい空気があって、こういうドラマは 久しぶり と 思った。
 たのしみが みつかるのは うれしい。

 昔に使っていた スマートフォン、音楽プレーヤーとして 使えるのかなと 充電してみた。音は良い。確実に。そして デザインも。でも 今 使ってるものに慣れ過ぎて 操作が違い過ぎることで 挫折。音楽を良い音で聴くことによっての効果が見込めそうだったら、プレーヤーのこと 視界に入れていこうかな。見比べてるうちに つかれて(まあ、いいか・・)となったら そういうものだったんだと いうことで あるし。
 からだを動かす”練習”が あるものと どちらに時間を使うのか、その日の気分で行動しているうちに 決まっていくのではないかな と 思う。

20200920

20200919

 ふと電車に乗って出かけられる気候になった9月だなあ、なんて思っていたら、もうそろそろ下旬に入り そして 今日から四連休の始まり。季節のこよみ で 動くようになり 昔に言われていたことが わかりやすくなった のと 同時に カレンダーのことは よく 忘れる。少し早めている時計とか、気がついたら遅れる時計も あまりみなくなった。
 からだが らくな 季節、自分の中の時計で動こう。
20200919

20200918(2)

 今日も お昼は自分のぶんだけで よくなったので、この前 海を見に行った帰りに寄る時間が作れなかった 珈琲店に豆を買いに行き うどんやさんで 餅の入ったきつねうどんと赤飯と和菓子のついたセットを食べて 湿気はあるものの 雨の予報だった天気が まだしばらく持ちそうだったので、大きな公園で ゆっくりしてから帰ることにした。
 野球の出来るグランドに誰もいないのをみるのが好きで、その辺りに いるのだけれども、今日は野球の練習をしてたので いつもと 違う場所を探した。
 その公園の 多分一番 高いところ、みはらしの良いところのベンチに 腰掛け 持ってきた水を飲んだりしながら 。
 どんよりとして まぶしくない 空を眺めていた時に、遠くから 順番に 木の葉の揺れる音が 近づいてくるのを聞いて、中学校三年の七夕の前だから”七月六日”と覚えていた、その日の 風を 思い出した。
 校庭の木の脇に腰かけて 空を眺めて その空がきれいで 日付を覚えていると思っていたけど、木の葉の揺れる音で 風が近づいてきたことを 覚えていたのかも知れない。
 目でみたものではなくて その時に吹いた風を。
20200918(2)

20200918

 河合隼雄さんの本で知り すぐに青空文庫で読んで はまった『毒もみの好きな署長さん』。図書館で何冊も その話の載った本を借り、その中の 昭和廿四年の復刻版の 漢字の字体や、活版の雰囲気と、仮名の振りかた が 気に入ったので、中古本をみつけて 通販で買った。

 そのあと 長い間 図書館で予約待ちをしていた本が貸し出されたり、しばらくの間 新着のなかった動画チャンネルが、中一日くらいの間隔で 更新が再開されたり、そのほか 読みたいブログをみつけてしまったりで、その本 自体を 読む時間がなくなってきた。

 それでも すぐに 読み終わった わたしにとっては 印象の深いものがたりの結末と 最後の一文が 頭の中にあり 読む前と読んだ後とでは 右と左、左と右とが 入れ替わったような 感覚がある。 

 引き続き しばらくは そのほかのことに時間を使っていくので 自分の手元にある本というのは 積まれてしまう というのは しかたがないと思うのと、これがわたしの 毒もみ のひとつなのかもとも思う。
 自分の ほんとうの 毒もみ は きっと気がつかないのだろうけど。

 昨日の夜も夢はみた。その一部分も覚えていない。

20200918

20200917(2)

 眼鏡のねじが緩みやすくなってきたので 今掛けているフレームに似た眼鏡で もう一度作ろうと 決めて お店に行くと 全員 接客中で しばらく時間がかかりそう と あきらめ 別の日にすることにした。先日に下見をした時も そうで それは 平日ではあったけれども5時を過ぎていたからかなと、今日は 3時くらいに向かったけれども たまたまのタイミングか 忙しそうだった。
 帰りに パン屋さんで 前から気になっていた 贅沢な食パン(プチ)を160円で買ってきて 食べた。
20200917(2)