じぶんたちにあわせて ちょっとずつ

刺身という、ばんごはん。

すごく楽ですね。

わたしが、刺身が好きではない・・・というか、家では食べるのがもったいないので
なかなか食卓に上らなかったのですが

夫は刺身、わたしは、ちゃちゃっと作ったものを食べる。

こんな楽なばんごはん、なんで今まで気がつかなかったのか。

刺身って、器に盛るだけなので、すごーく楽なのですが
それだけに、それだけに
買って来た者は、値札がちらちらして、食べた気にならない・・・。(笑)

・・・・なんだけれども

考えてみたら わたしたち 足したら100歳超えてまして
美味しいもんちょっとあったらいい年齢。

そのほうが、胃腸にやさしいのでした。

 

わさびもしょう油もちょっと良いのを買いました。

 

ひらめ と 鯛 のお刺身を喜んで 夫 食べておりました。

 

玉手箱はなくても、まあまあの年なので お土産はなしで。(笑)

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

習性

例えば、紙の一枚でも(スペースとらないから・・・)と元に戻すより、
もう 自分の目には 入らないようにする。

何回も同じことやってるような気がするけれども、それをするのに良い季節

この、紙の一枚にみえる、写真、手紙・・・
はい、毎回悩みますね、今年も悩みましょう~。
毎年悩んでるけど、昔のものの 数は減ってる はず。

 

そして、天気をみて、着物も干したいけれども、
出来る日あるかな・・・。

 

こういうの、動物から見たら、

人間の習性って、おかしいね、ってなるのかしら・・・。

 

今日は、天気良さそうなので、家のこと いろいろさせてもらおう。

 

・・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ソードのプリンセス

不安の雲は、自分の手で はらいのける。
そのために、
好きなことを続けられる、努力をする。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

そういうのあった、あった

今朝、急に寒かったものですから、

” 寒い~~~ “ って 言ってしまった後は、
” 夜汽車で、ひざをたてながらぁ”って歌ってしまうよね、って
SNSで、ご賛同いただきまして、

結婚する前の 会社で働いていた時は、
こういう しょーもないこともいう雰囲気もちゃんとあって、

それはベースとして
みんなで一緒にカラオケに行ったりしてたからっていうの、ある。

 

で、さらに 雨が降って来たときは、
“あ め に、ぬ れ な が  ら、たたずむ人がいる~~”
・・・って歌う話も通じて

歌謡曲のBGMが、街中のそこかしこにあったんだな、っと。

 

・・・・・

 

そう言えば、この「雨」の歌手の方と一緒に、
「雨やどり」という曲でデュエットしてたのは、
わたしの高校の時の一学年下のひと。

高校の時から、歌手になるための努力していたし
今も、地元の歌手で、頑張っているようです。

宮崎から、東京に行って、
また宮崎に帰って来ても 歌ってる のは
ずーっと 歌が好きだからこそ、で

子どもの頃から、ピアノしていて ピアノの先生になった友人もいて

子どもの頃の夢を 叶えてるひとは、” 努力を怠ってないこと ” が、
半世紀生きると、わかる気がします。

 

” 寒い~~~ ”  の「愛の終着駅」
” 雨に~~” の「雨」

歌謡曲の想い出を「そういうのあった あった!」と
他愛のない会話を出来るのは、とてもうれしいことなんだけれども
これが小学校の時の夢かとなると、ちょっと違う気もする。

・・・わたしの生きがいには、なってますが・・。(笑)

 

わたしの夢って、なんだったっけかなあ・・・。

 

・・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

あったということ

5年前の今日は 大阪の南の方にある生まれた町を訪ねていたもよう。

住んでいた社宅の建物はもうないし、小学校も統合でなくなって
通学路も消えてしまって、駅も高架に変わったけれども

子供の頃遊んだ 川はある。

田舎のようなきれいな川ではなかったけれど
辛うじて、めだかはいたんだよなあ・・・。

虫とか草とか、いやだったけど めだかのために、川に入って・・・。(笑)

 

・・・・・・

 

子供の頃にいた町は、こんなに小さかったっけ・・・っていうの
訪ねるたびに思ってたけど、

からだの大きさと記憶で測れるものは、川と、そのほか 何が残るかな。

 

自分の記憶と、測れるもの。

 

デジタルは、経過が残ってなかったりだけど、
古い写真をみて、ありがたいなあ って 思う時ある。

写真を見せて、そのものがあったことを、
お互いに確認できるから、ね。

 

まあ、あれです、
父と話をしていて あった なかったの話に
なりがちっていうのからの感想。

 

写真が残ってたら、あったことがわかるから。

 

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ソードの2

平和な気持ちを手に入れたいなら、
自分の意志の弱さと向き合うことも必要。

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

自分のために残すもの

女性は7の倍数

今年は、49歳なので、7の倍数。

今年は、気候や自然の環境の変化のことがあって、その年だからなのか、
わたしが、49歳だからなのか、

からだは、今年は、けっこう 気圧ひとつにしても
(・・・気圧計になったのか・・・?)って思うくらい、反応している時がある。

その~~、言葉で頭に入っていることに 引っ張られるのではなく、

からだが、どんどん変わってきてるなか、

今までにはなかった からだの感じかたを ささっと検索して
” 更年期 ” なんだなっと、確認して
あらためて相談する先 を 探さなくてよく

そんな中で、やり過ごし方を考えることが出来るのは
助かることのひとつかな、って思ってます。

 

・・・・・・

 

父は、わたしの使ってない
” 無料で好きなだけ通話やメールが楽しめる新しいコミュニケーションアプリ ”  を
使えるようになったみたいで、父に 根気で負けた気がする・・・。(笑)

ま、うちの父は、コミュニケーションが好きなんだと思うんですね、
74歳ですが、簡単な韓国語と中国語も話せるようですし。

 

実家で ” 簡単な設定・操作!ネット回線の準備もいりません”  っていう製品も
まごの顔をみるために、使っていて、

この製品の開発ものがたり読んで、これからどんどん発展するといいな と思いました。

 

10年20年後

生活の何を残したいかは、解っている(つもり)の 今のうちに、決めておかないと、
どんどん自分のいるものが、判らなくなりそう・・・。

父をみて、自分の将来にいるものを、決めておかないとなあ、と ぼんやりと。

自分の何を残すか・・・

もし残せなかったとしても、その方向にむけて、今ある力を使っていこ。

 

・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・・

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

こっそりいおう

同じものを好む

わたしと夫は、まだその頃は参加しているひとが少ないパソコン通信で、
住んでいる地域では、少数派とされる球団のファンの電子会議室で知り合って
お付き合いをして、結婚しました。

結婚をしてからは、わたしは、球団のファンではなくなったのか?というくらい
徐々に、プロ野球自体を観なくなったのですが、

同じ家庭に、同じものが好きなひとがいて、

我が家の場合は、夫が好きな球団ものがたり、に 乗っかるかたちで
わたしは、球団のことをとおーくで眺めるひとになってます。

そりゃそうだ、わたしには家庭円満が、一番だいじ。

子どもの頃から、っていうところで すでに 夫に敵ってないですから。

 

最近、野球のことばっかり言ってるよねえ・・・

・・・日本一になってほしい と こっそりいおう。(笑)

 

・・・・・・・

今日も良い一日をお過ごしくださいませ。

・・・・・・・

今日の一日一枚は、トートタロット
ディスクのエース

あの場所にいた時の雰囲気
今の場所でも、再現出来そう?
もう一度、あの場所に行ってみる?

 

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)

おみやげ

img_3525
明石 まだこ ぺったん焼
直径18センチくらい、
中には ぺったん とした まだこ が入ってて
ちょっと甘辛い風味のある おせんべい。

img_3523
赤石せんべい

 

夫が 会社のかたに いただいたお土産。

今年から 一緒にお仕事することになったかたなので
こういう形でお土産をいただけると、
想像ではありますが、
(まあまあ良好な人間関係なのかな・・)と
勝手に ちょっと ほっ と するのでした。

そして お土産いただいた時、
やっぱりうれしい 気持ちを思い出しました。

わたし自身は 最近 出かけても、
お土産を買うこと 少なくなったけども

出かけた先で 相手に喜ばれそうなものを、
” 現地 ” で見つけよう。

現地で出会う、その土地らしいものを。

 

20年くらい前 初めてハワイに行った時に、
花文字のパフォーマンスに感激したけど、
お小遣いが かつかつで、花文字は買って帰らなかった。

それから10年経ってもう一度ハワイに行った時に

(花文字をやってるところはないだろうか)と探して、
見つけた時には、とても 嬉しかったのを覚えています。

その頃は、円が高かった頃なので ほかにもいろいろ買ったけど、

ハワイで描いてもらった花文字の喜びは、
海外旅行のとても良い想い出になってます。

 

マウイ島のハレアカラに登った時は、
火山の赤い土と、
湿度の多い日本ではみられない
青い青い空との対比が、

この世のものとは思えなくて、

バスの中から、ぼーっとじーっと眺めていて

もう一度、必ず来ようと思った、マウイだった。

 

ホノルルの空港、ずっと変わって欲しくない・・って
思ってるけど、
もう10年も経ってるし、
伊丹だって変わったし、宮崎もお土産コーナーとか変わったし

 

今は、どうなってるのかな・・。

 

飛行機で、8時間だったけかな。

んーーっ、どうでしょう。

3時間のグアムがギリギリかなあ。

まだ行ったことがない宮崎の行きたい場所が増えすぎて、
なかなか海外に行けないです。(笑)

 

・・・・・・

今日も一日おつかれさまでございました。

・・・・・・

小谷 真澄(VZQ05275@nifty.ne.jp)