ものの名前

今日は陽の光がある朝

空気が寒くても
明るく

気分がいい


・・・・・


ものの名前

例えば
ラナンキュラスは
和名はハナキンポウゲ

昭和55年(1980年)初版
花言葉の本では
Buttercup、 Kingcup
エンコウソウ、リュウキンカ

平成19年(2007年)初版の
花を愉しむ事典では
メドウ・バターカップで
ラナンキュラスを
属名 Ranunculus と
紹介されている


ラナンキュラスという
名前と一緒に
目にふれる機会の増えた

かわいい
巨大輪万重咲の花


・・・


祖母の言う
“湯上げタオル”が
バスタオルとか、

おんなじものでも
呼び名って
いろいろあるね



・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

浮かんでくる

今日の 晩ごはん は
牛すじ肉のビーフシチュー

家でも あつあつを食べたいので
お皿を温めるけど

これが 上手くいくときと
そーでもないときが
何故かあるんですねえ・・

今日は、お皿の温めは
いまいちだった

こういうのは 多分
母が読んでた
” 暮らしの手帖 ” の
” 暮しのヒント集 ” から
覚えているのかな と


画のない本でも
なんとなーく
(こういうことかな)って
浮かんでくること
あったよね~~ って
思います



そして、只今 読んでる
” 銀河鉄道の夜 “

第七章 北十字とプリオシン海岸

ものがたりを読みつつの
自分の気持ちよりも

この描かれている内容の濃さに
感心していて
出てくる”もの”の単語を
(辞書で調べたい・・)と
思うのですが
手元に国語辞書がない・・

ウェブで調べると
初めて読む童話を
たのしんでいる
” 読書の時間 ” から
離れてしまう・・・

夢中になって読むって
(むつかしいことではない
はずなのになあ・・)って

ちょっと思ってます


一旦、七章まででとめて
もう一度 一章から
ふりかえる かも・・


そういう感じで読んでも
おしくない時間は ある


・・・・


” いきたい場所 ” は
文字だけ読んでも
頭の中に絵が浮かんでくる

lonely planet


・・・・・

今日も一日
おつかれさまでございました

お風呂 ゆっくり入って温まろう

おやすみなさいませ



小谷 真澄


ロンリープラネットのガイドブックは、『マレー』を始めとするヨーロッパの伝統的なガイドブックと同じく、旅の風景写真は数えるほどのみで、ガイドブックの内容の殆どが、文字情報により占められる
(Wikipediaより一部抜粋させていただきました)

寒いなりの

今日は
寒さの戻ってきた 朝

昨日 の ばんごはん は
おでんだったし

あまりに寒いと
メニュー しぼられるから

(ばんごはんは
何にしようかな・・)

起きてすぐに
ばんごはんのこと考えてる(笑)


今日は、寒いなりの

休憩メインで
いきましょうか



・・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

通っている

豆めし 廣田家 の 天ぷら定食

今日も お昼は 電車に乗って
住吉大社の近くの
豆めし 廣田家さんに
行ってまいりました

今日は、天ぷら定食を


天ぷらはえび、白身魚、小芋、
なすとししとう

小鉢の中には、
最近 めったに食べなくなった
鯛の子
えびしんじょうも入ってて

(こういう食事って
しなくなったなあ)と
思いながらも

なつかしく味わえる
わたしたちの世代は
恵まれていると感謝して

食事に よく合うだろうと
日本酒も

お店の雰囲気も含め

たいへんに ぜいたくな時間を
過ごさせていただきました


ふと思い出した時には
通おう

わたしの想いが
通っているあいだに



廣田家さんの名物 豆めしについては
ホームページからご紹介
・・・・・・

豆めし 豆ごはんと言うと
えんどう豆のごはんが一般的ですが
廣田家の豆めしは
炒った大豆を使った 大豆ごはんです
(廣田家さんのホームページの”名物”より)
http://www.hirotaya.sakura.ne.jp/index5.html

・・・・・・・




・・・・・



今日も「銀河鉄道の夜」の
ふたつの章
第5章 天気輪の柱
第6章 銀河ステーション を
読んで

子供の頃の気持ちでと
思いつつ も

銀河ステーションの章にある
ダイヤモンド会社と
かくしておいた金剛石のたとえは

くすっ と

大人になって
ずいぶんと経った
いま読んで

おもしろい


ほんの少しした工夫で
一日のうちに
良い時間を過ごせているなあ と

読書のきっかけをくれた友人 と
「銀河鉄道の夜」を
すすめてくれた友人

友人から気がついて
自然と教えてもらうものは
多い


離れているから
なかなか会えないけど
いま 話を出来る間柄で

まわりにいてくれることは

とても
ありがたい


・・・・・・

また夕方から冷えてきました

お風呂ゆっくり入って やすもう

今日は、湯の花のお風呂

おやすみなさいませ



小谷 真澄

わたしの感覚

使うもの

ものを買うとき

そのものを目の前にして
(使うかな~~)と考えると
一旦 保留して
そのまま 忘れること 増えた



・・・の かわりに

布のもの
服は替えたい気持ちが
増してきた


使うもの は
経験が増えての感覚

布のもの は
季節に合わせての感覚


静かに過ごせた冬からきた

わたしの感覚


自然からの
いただきもの

たくさん



・・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄

街の楽しみ

今日のランチ

今日のランチは
とんかつ屋さんに

目下 お気に入りのお店

サービスランチは
お店の名物 えびしいたけ
大きめのヘレかつを
半分にカットしたもの
えびフライ一尾と
かぼちゃ、玉ねぎのフライ
こちらに
ごはんと赤だしとお漬物
(ごはんはおかわり自由で)

ほっとするお茶は
ほうじ茶・・と



最近 からだのつくりが
“昭和”であるのを
思い知ることが多く
お店の構えも
そうであるところが好み


からだのほうが
譲ってくれなくなり
ずいぶん好みが
はっきりしてきた

そんなような感じがします



今日のメインは 実は鉱石

(テレビ石、カルサイト いいな)と
みながら
おんなじ科学のコーナーで
砂鉄の砂時計、水飲み鳥も
なつかしく

たくさんすてきなもの
あったけど

「銀河鉄道の夜」を
読んでる最中だから、と
‟星座早見盤”
ひとつ買いました


ちっさいゴミ箱
洗剤詰め替え容器も
欲しかったけど

(これにしよう!)という
決め手なく

今日でなくてもいいのかもと、
保留


今日は
“天然の湯の花”と
伸びた前髪ポンパドールに、の
“ぱっちん留め”を 買いました

これから先を
ちょこちょこっと変えていくもの
そろえよう


久しぶりの街は
空気が変わって
やっぱりたのしい


・・・・


今日も一日
おつかれさまでございました



小谷 真澄

手のひらに

(旧)都城市民会館 2014年撮影

わたしになじみがあるほうの
都城市民会館の
これから先が決まったようです

大好きな建物ですし
都城の特徴であって
なにより想い出もあるし

10年前、20年前だったら
(もう見ることができない)という
気持ちにばかり
向いていたかも知れません


いろんな町、街
変わってく


ここ10年で
そのもの自体への
過分な思いを
軽くさせてくれている

そんな気がします


手のひらの中にある想い出が


都城市民会館
おつかれさまでした



・・・・・

今日も良い一日を
お過ごしくださいませ



小谷 真澄



旧都城市民会館
1966年に菊竹清訓の設計により完成。その独特の形態も相まって、メタボリズム建築の代表作の一つとされ、2006年にはDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築に選定されている。
(Wikipediaより抜粋してご紹介させていただきました。)